永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
新車が売れない、というけれど
このところの新車販売が、オイルショック時なみに売れていないそうだ。
そう、ニュースとか新聞で報道されている。
世界的な不況が原因だ、とも言っている。

でも、原因は不況、はたしてそれだけだろうか。

日本車は世界的に見てどこよりも品質が良く安価で供給されている。
しかし、そうなったのもほんの10年前の頃からじゃないか、と自分的には思う。
10年前、1999年ころに優れた品質のクルマ作りがあらゆる車格のクルマでも可能となったような気がする。軽自動車でも、大衆車でも、高級車でも。
その頃からは、すべての車格でフル装備の内装、安全装備(ABSとかエアバッグとか)が導入されたように思う。
そうなれば、それ以前に生産されていたクルマに乗っていた人たちは、こぞって充実した新車たちに乗り換える。
それから10年経っても、そのころのクルマの品質が良いから乗り換えする気が起きないのではないか?そんな気がする。
もうすべて充実装備で、すごろくで云う「上がってしまった」状態のクルマたち。
「いつかはクラウン」なんて夢見なくても、100万そこそこの軽自動車になんでもついてるし。

昨今ミニバンばかりになってしまったけど、ほんとにスポーツカーの需要はなくなってしまったのか?
少子化の現代、フル乗車することがいったい何回あるのかってクルマに夢があるのか?
不景気のせいにして、自らの想像力を矮小化している今のメーカーさんに、もっと夢のある、おカネがなくても欲しいと思わせるようなクルマを創ってもらいたいなあ。

と一度も新車に乗ったことのないセキトラのたわごとでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.