永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
おだやかな正月?
いつのまにやら年が明けましたね。
今年はいつも以上に明るい年であるように願いたいものです。

さて、当方関東圏に居住しているのですが、この正月は大変過ごしやすい日々でした。
毎年恒例となっている実家に帰省したんですが、そこでも天候がよく正月にしてはやや暖かい。
世の中も天候のように暖かいともう少し良いんですが。

実家の付近に有料道路が今春開通するというので、工事中の状況を確認がてら散歩。
学校への通学路だった隘路が拡張されド~ンと道路が貫かれています。
「○○○をぶっ壊す」と勢いがよかった方の地元だけあって、さすが大胆な仕事を税金でしてますね。
見事に鉄路の上もブイ~ンと空中楼閣。
2009_0102_164140-DSCN2883_convert_20090107001119.jpg

いやいや、ワタシは否定しているわけではないんですよ。道路ができてとても便利になる予定。いままで30分かかる道のりを25分に短縮できるんですから、金に糸目をつけなければ。
道路工事の陰で多くの方々が立ち退いたことを思うと素直に喜べない、というだけです。

2009_0102_165315-DSCN2884_convert_20090107000944.jpg

道路は高度成長期に計画されただけあって、計画当初のまま進めば、湾をまたいで対岸の大陸まで橋を架ける予定でした。
でも、先にトンネルと橋で湾をまたいでそれぞれの大陸を繋いだ道路が莫大な借金まみれになるのが大々的に報道されたころ、ひっそり鳴りを潜めたようです。
しかし、いつかは架けるのかなあ。
画像は、その有料道路終点あたりの風景。

かつて北野映画「あの夏、いちばん静かな海。」って題名だったか?その映画の舞台となった地域ですが、いまは大規模な工事を経て更なる人工的な護岸風景が続くように。でも嫌いじゃないですが。
護岸からは島が見えます。これをみると「帰ってきたなあ」と毎回思います。
2009_0102_165357-DSCN2886_convert_20090107001045.jpg


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.