永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
エルフディーゼルをいじってみた
今年の1月に入手したエルフディーゼル。
いろいろ不具合があり、毎度のことながら放置状態が続いていましたが、あまりの哀れな状況についに、とりかかります。
まずは、不具合。
2008_0813_151154-DSCN2546_convert_20080814023833.jpg
天張りが剥がれており、運転席から前が見えない状態。それに、はがれ材にちょっとでも触れようなら、細かいスポンジ状のものがビッシリ落ちてくる。
こりゃあヤバい。
2008_0813_151218-DSCN2547_convert_20080814023905.jpg
天張りのすぐ上は、天井です。剥がすと、直接頭に外気温がくるだろうし、とりあえず天張りをそのまま張ることに。
つぎは
2008_0813_151238-DSCN2549_convert_20080814024017.jpg
2008_0813_151247-DSCN2550_convert_20080814024101.jpg
ボディの腐食。とりあえずさび止めを塗っておいたが、抜本的解決にはならず。
ここ以外にも多数腐食あり。どう直していくか。
2008_0813_151226-DSCN2548_convert_20080814023946.jpg
あとは、シート切れ。まあ、とりあえずは真ん中なので、それほど影響なしか。

さて、今回は、天張りの補修。といってもボンドで貼るだけですが。
なにがよいか悩みましたが、コニシから出ている「G17」いう黄色い液体タイプのものを使用。
大量に使うので、マスクと、スポンジゴミよけにゴーグルを着用。
天井にボンドを塗っていくのは大変だね。当然重力でボンドが垂れてくるし、手にはいっぱいボンドが付いてしまうし。

でも、なんとか終了。しかし、ひどい貼り方。皺だらけです。まあ、運転に支障がなければよいくらいのスタンス。ちゃんとやるほど、技術がないしね。
2008_0813_164742-DSCN2553_convert_20080814024208.jpg
あっ、室内灯のカバーが割れてるね。部品あるかなあ。

天張りが貼れたので、キャビンが広くなった感じ。ってそれが当たり前なんですが。

シートを外して、掃除をしました。整備性がいいようにすべてのシートが簡単に(といってもある程度重いですが)外せます。
2008_0813_172247-DSCN2555_convert_20080814024318.jpg
エンジンは問題ないみたい。車検取得にあたっては、あとはブレーキとマフラー排気漏れチェックでなんとかなるかな?

オルタネータベルトが伸びているようで、滑る音が出ていました。調整の部分、これ以上調整できません。
2008_0813_173840-DSCN2558_convert_20080814024413.jpg

手持ちの適当なベルトと交換してみようとするが、どれも短くてダメ。
ベルトくらい純正品買おう。

車検取得はいつになるかな?
そうだ、もう一台のガソリンエルフ、秋に車検だ。
2008_0813_151307-DSCN2551_convert_20080814024132.jpg
でも勢いのあるうちに車検まで行ってしまおうっと。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.