永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
第22回品川クラシックカーレビューイン港南 報告
もう4か月も経ったんですが、たまにお邪魔させていただいている品川クラシッカーレビューイン港南に参加してきたので、あげておきます。
なんで、こんなに遅くなったかというと…
イベントの様子をフィルムカメラで撮影して、そのカラーフィルムをなかなかDPEに出さなかった、というわけで。
あいかわらず、ずぼらだなあ。

さて、日本における旧い車の愛好会では老舗のうちに入る全日本ダットサン会が主催しているこのイベント。
全日本ダットサン会については、コチラを参照していただくとして、
ワタシもダットサン系を所有してはいるのですが、諸事情で走りだせないのでこのイベントに参加させていただく際は、他社メーカーのクルマで参加しております。
今回はトヨタ車で参加、いいんでしょうか。

当日は、残念ながら雨降り、本降りにならないうちにポツポツ撮った写真をば。
今は便利になり、フィルムデータをCDロム化して簡単にブログアップできます。いい時代です。

InkedFH000001_LI.jpg
プリンスグロリア、シングルナンバーが歴史を感じます。
フィルムカメラならではのなんともいえない質感が良いですね。ピントのボケ具合もいい。

FH000004.jpg
老舗クラブならではの、本当のクラシックカーもちらほら。
左のオースチン10、新しいナンバーを掲出して(見えませんが…)普段乗りに使ってるんでしょうか??

FH000003.jpg
オープンカー三種。雨で幌を上げられないのが残念です。

FH000006.jpg
ダットサンサニー。今年で誕生して51年目だとか。
ワタシにとって、この型は「もったいない」のサニーの思い出が。
保険金目当てに車ごと港に飛び込んだって事件で、その飛び込む様子を再現するということで、事件が起きてかなり経ってから集められたサニーたち数台が人為的に港に飛び込まされたのを、たまたまテレビのワイドショーで見たことがあります。
その日は学校が早く終わったんだろうな。
その当時でも、これだけのサニーを集めてくるのは大変だったなあ、との思いがあり、
「もったいない」=B10サニーの公式がワタシにはあります。
いつまでも長生きしてください。

FH000002.jpg
こちらもサニー。型式はB110、トミカで有名ですね。

FH000005.jpg
こんなマシンも参加。
ワタシの世代では、名称はムスタングマッハ1ですね。
映画の世界では、頑丈なマシンのイメージですが、実際はどうなんでしょうか。テレビドラマでは舘さんが乗ってましたが、白煙が凄かったなあ。

FH000011.jpg
ウチのマシンも出しておきます。

バラエティに富んだマシンが参加し、この後会場周辺をパレードに出るはずだったのですが、雨がひどくなってしまい数台のみが出発。お疲れ様です。
こじんまりとした会場ですが、のんびりできるイベント、次回参加できれば晴れがいいですねえ。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.