永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
ニューイヤーミーティング2017に行って感じたこと②
ところで、今回のイベントを主催している日本クラシックカー協会とは
どんなところなんでしょうか?
日本クラシックカー協会が作成しているホームページがあり、活動の内容を
見ることが出来ます。もちろんニューミーティングについても紹介されています。
が、2005年から現在までの参加車両の一部の紹介のみ。
どのような形態でおこなっていたかはよく分かりません。
そもそも、日本クラシックカー協会が1977年から主催をしている、というのは
こちらこちらでの記述を元にしていますが協会のホームページをみても
歴史的な経緯の記述は発見できませんでした。
なぜでしょう?
そういったものは、紙ベースで作成されてきたのでしょうか。
せっかく40年も行っているようなのに、活動の歴史がすぐに確認できないのは
もったいないです。
う~ん、どうやって調べようかな?
そんな中、こんな本を見つけました。著者が自ら会長と書かれているので、
いろいろ会についてわかるかな?

P2100100_convert_20170211112755.jpg

P2100101_convert_20170211112821.jpg

しかし、この本を見ると、会長が違いますね。今はこの方のようです。
P2050054_convert_20170211112648.jpg

P2050057_convert_20170211112734.jpg

P2050055_convert_20170211112709.jpg

OT 146号 2016年2月号より

何があったのでしょう。

なんだか“なぜなぜ”ばかりで、埒が飽きませんが、ここでは、会長のご本を
参照してみましょう。
そこでは…
大正10年に生まれた筆者は、子供の頃から車好き。慶応に進学するも学徒出陣により戦争へ。
なんとか生き延びることができ、戦後しばらくしてから、モータースポーツのクラブのまとめ役として活躍。
そんな中、1976年に筑波サーキットで開催した日本で初めてのクラシックカーイベントを契機として、
クラシックカーの世界を組織化し、その過程で「東京クラシックカーセンター」を設立し、その発展形が
1988年に設立された「日本クラシックカー協会」である、とざっくりまとめてますが、書かれています。

そのように書かれているのですが、ニューイヤーミーティングがいつどのように開催するに至ったのか
本書からは分かりません。
現会場とはやや場所が違う「台場」駅近くで開催された様子を紹介しているのみです。
2003年の時のかな?
推測となりますが、1977年1月に第1回のニューイヤーミーティングをどこかで何台かが集まって開催し
途中主催団体名が変わりつつも現在に至る、というのでしょうか?

う~ん、この本が出版されたのは2004年ですが、その時点の会長のお話がこんな感じだと要領が得ません。
知りたいのは
第1回開催からの参加台数や会場、参加車の条件や傾向など、またエントリー料です。

どうやったら分かるかな…。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.