永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
トヨペットコロナマークⅡ初代セダンミーティング(笑)
ここのところ暑い日が続きますが、みなさま体調はいかがですか?
冷房のかけ過ぎに注意~

昨今の状況、世の中どうなるのか凡人のワタシには皆目分かりませんが、こんなダラダラブログが続けられなくなる日が来るんでしょうか?
競技場問題など急に持ちだしてきて、なんだかなあ
と、批判めいたことを書くとおとりつぶしに合うので(苦笑)本題にいきましょう~

さて、ちょっと前にトヨペットコロナマークⅡの初代セダンのみが集まるミーティングありましたので、参加してきました。




といっても三台のみですが

以前にも説明したかもしれませんが、初代コロナマークⅡはセダン型がRT6♯系の型式となり、1968年より1972年まで生産されました。詳しくはウィキなんとかを参照いただければわかると思いますが、なぜか今回登場の中・後期のマシンがそのウィキなんとかに登場。画像協力してないのにね~(苦笑)


我々初代コロナマークⅡオーナーたちの間では、先に紹介したように、初・中・後期と3タイプあることを認識しています。
といっても、初~というくくりはメーカーでの正式な呼び方ではないようなのですが、まあこういったマシンを所有している方も稀だと思いますので、メーカー非公認でも大丈夫でしょう。


ざっと、それら3タイプの違いを説明していきましょう。

前から見た画像をご覧ください。一番右側=初期、真ん中=中期、左側=後期です。
全てフロントグリルが違いますね。ちょっとわかりずらいですが、後期のボンネット形状が違います。

次は後ろ側


P5170015-1.jpg
P5170016-1.jpg
P5170017-1.jpg

まあ、観ての通りです。
上から、初・中・後期ですね。
ランプ形状が全て違います。また、後期のバンパーがやや下に下がり厚みも違いますね~
ナンバー位置も後期は最下部に来てます。


次はピラー飾り形状です



P5170021_convert_20150712055234.jpg
P5170020_convert_20150712055201.jpg
P5170019_convert_20150712055115.jpg

ここは、前期のみ形が違いますね~

最後はフェンダーについているバッチです。


P5170022_convert_20150712055314.jpg
P5170023_convert_20150712055337.jpg
P5170024_convert_20150712055401.jpg

これも、前期のみ形状違い、当初は、コロナがあってこのマシンだよって主張なんでしょうか?

初代コロナマークⅡに関心のない方には、なんのこっちゃの説明でしたが、ようするにこんな細かい意匠違いを展開してトヨタは買う人へアピールし続けたということですね。
初期はエンジンが1600でしたが中期より1700にアップしたりしてますが、基本は同じもの。
それらをいかに古びさせないように工夫していった先人の努力に感心します。
イイ時代でしたね。

今回のミーティング、2回目はあるのか??
その際には、バン・ピックアップ・ハードトップの参加お持ちしてます!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.