永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
ダットサントラックいじり
ダットサントラック、サーモ交換で漏れていたガスケットをなんとかしなくちゃ、というところから今回は始まります。
いいかげんにあわせて入れたガスケットなので漏れて当然です。粘性ガスケットをぐりっと添付して隙間をふさぎます。この粘性ガスケット、臭いがウ○コです。コドモが間違って口にいれないようにという配慮でしょうか?さすが紳士の国、英国産のものは違いますね~。
CA390001_convert_20080221071645.jpg


蓋をしてエンジン始動。漏れなしです。
CA390005_convert_20080221071746.jpg


水温計もバッチリ動いています。
CA390006_convert_20080221071811.jpg


さて、サーモがひと段落したところで前から気になっていたところの改善へ。
まずはタイヤです。
履いていたタイヤ、これもおそらく新車当時から一度も交換したことがないような…。
CA390004_convert_20080221071718.jpg


半端なくひび割れてます。チューブが入っているのでなんとか機能しているのでしょうか、もはや危険。こんなタイヤで高速走行中はじけて他の方に迷惑かけなくてホントよかった。

といううわけで、前に持っていたハイエースのアルミに交換。
CA390012_convert_20080221071612.jpg

CA390009_convert_20080221071425.jpg

CA390010_convert_20080221071514.jpg


なかなかいいでしょう。

そして、マフラーから排気漏れしているので穴塞ぎ。
CA390007_convert_20080221071843.jpg

CA390008_convert_20080221071912.jpg


前にエルフ1号車検時に使ったアルミテープが役に立ちました。
しかし、いつもながらこんないい加減補修でよかったんだろうか?
旧いクルマは部品がなかなかないので、こまめに探していつか新品を奢りたいですね~。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.