永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
「ところざわ」報告コロナブラザーズ編
さて、初代マークⅡには、3回のスタイリング変遷があります。
最初に出た形を「前期」その次を「中期」、そして「後期」です。
って、メーカー側で正式にそのように呼んでいるのか分かりませんが、昭和43年に登場し、2代目となったRX系マークⅡが出た昭和47年の間4年に3回も変わっているのはクルマの成長期だったからのでしょうか?


前回りの画像は前回見ての通り違うのですが、後ろ周りも微妙に変えています。
ウインカー・ストップランプ形状やナンバー位置の違い、だけかと思いきやクルマ仲間の一人が「バンパーの取り付け位置が後期の方が上がってる」との指摘。
実に細かい。ここまで造作を変えていたトヨタの執念?に今では感心します。

さて、マークⅡ以外にも会場を見てみましょう。

PA190038-1.jpg
トヨペットコロナ、いわゆる「安全コロナ」と言われた型式のGTです。その当時クルマの安全基準が強く求められるようになったのか、バンパーが大型化し厳つい雰囲気です。
このあたりのコロナも実はあまり残っていないようです。「販売のトヨタ」の面目躍如たる活躍のおかげでしょうか?

PA190040-1.jpg
近くには、RT20のコロナが。
この型式は、前型式のコロナが耐久性に難ありとされてしまい、そのために悪路を猛スピードで駆け抜けドラム缶を弾き飛ばしたりするTVCMを流して堅牢さをアピールしていましたが、やはり「販売のトヨタ」の前にはかなわず残っていません。
しかし、意外に旧車イベントには参加している型式です。
ワタシは「太陽」世代なので、この顔のバン型「コロナライン」の方が好きです。

PA190041-1.jpg
その隣には、60系チェイサー。
やや落とした車高にエンケイバハ?のアルミがイイ感じです。
チェイサーといえば、初代チェイサーのCMキャラクターは草刈正雄さんですが、草刈さん主演のTVドラマ「華麗なる刑事」では初代三菱ラムダに乗っていました。時代が違うから大丈夫だったのか?

PA190034-1.jpg
お次は、RT40コロナ。この顔は「中期」かな?綺麗な車体です。
オーナーさんの話しだと、装着しているホイールは15インチのテンパー用でバイク用(ハーレーだったかな?)タイヤを装着しているとのこと。どうりで細いわけですね。ってよく写ってません~

まだほかにもコロナ系があったんですが、ここではコロナブラザーズ編終了です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.