永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
またまた増車…
いやはや、とどまることを知らない我が家の増車事情です。
とっくに資金源は枯渇しているのになぜか増えています。それもまた商用車。
商売でも始めるのでしょうか?

さて、今回は1975年式いすゞエルフ250です。
このクルマはワタシにとってはミニカーでなじみのある車種。
すで以前に紹介している極上のエルフがあるのに入手してしまいました。
昔の商用車ってなかなかないんですよね。
だからって買うのか、っていう感じでしょうけど…。

前オーナーさんより遠路はるばる積載車で運んできてもらいました。
バッテリーが上がっているせいか、エンジンがかからない。
むりやり降ろしたので我が家の進入路を塞いでいます。
DSCN2028.jpg

しようがないので、バッテリー直結でエンジン始動を試みるが…。
DSCN2031.jpg


エルフのバッテリーの容量が大きくまったく電気が蓄えられない。
う~ん。

それにしてもいろいろ不具合があります。
DSCN2035.jpg

内装天井が垂れています。昔乗っていたキャデラックも天井が垂れて画鋲で止めてたなあ。
あとはシート切れ。それは旧いクルマのお約束なので仕方が無いですが、外装にサビが。
DSCN2037.jpg

ここは早いとこ処置しないとフロントガラスが窓枠ごと外れるかもしれないなあ。
それと、前の板金しにくいところが凹んでます。
DSCN2036.jpg


とまあ、色々ありますがそれを補うだけの魅力がこのエルフにはあります。
徐々に自分自身で補修してベストな状態に直していこう!と意欲が今のところはあるんですね。
それより進入路確保のためとりあえず他のクルマで引っ張って移動。
DSCN2038.jpg


なんとか移動が完了。
さて、これから取り急ぎすることはまずはエンジンがかかるかどうか。
巨大なバッテリーを外してまずは充電、と。復活するかな。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.