永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
じみ~なメンテ
ちょっとした不具合をそのままにしておくと不快なのですが、つい面倒でなかなか直さないとまたまた不快なのでようやく見てみることに

まずは、130クラウンワゴンのシートベルトの戻り不良。
ベルトを外した際すぐに戻らずにもたつくので、降車後いつもドアに挟まってしまう。
どうしようかな、と考えるだけでしたがもう考えるだけはやめた!

まずは、シートベルトを納めた内貼りを外します。



そうすると、下部にベルトを納めるユニットが。時計のぜんまいみたいなのがあってそれでベルトを巻き取っているようです。
ユニットをバラすと二度と組立てられないようなので、隙間からシリコンスプレーをシュシュっとかけるだけ。
なんとなく戻りがよくなりました。
こんなんでメンテと言えるのか‥


お次は、サイドブレーキを戻しても警告灯が消えない、マークⅡRT61の場合。

IMGP0004_convert_20131121134652.jpg

画像真ん中部分に茶色いものが見えますが、それはガムテ。サイドブレーキのロッドにでっぱりがあり、そのでっぱりがスイッチを押して警告灯が解除されるようになってます。
でっぱりにガムテで厚みをつけてその陰に隠れているスイッチを押すようになっていたのですが、スイッチのステーが強く押され過ぎて奥に入ってしまってそれ以上でっぱりがスイッチを押せなくなってしまった不具合。
これはネジで留まっているスイッチのステーをネジを緩めて手前にステーを固定して終了。

こんなことをメンテなんて言ってたら、はったおされるね


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.