永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
こちらも車検~
さて、エルフが無事車検に合格したし、となると、もう一台の方もしっかり整備をして車検を取らねば!

昨年より、バッテリーの入替で悩んでいましたが、エイやっと購入。



いろいろ気になる方はいるようですが、まず価格が安いのには敵いません。日本のブランドの約半分の価格でした。そもそも日本のブランドだってかの国で作っている場合もあるので、そのあたりはご容赦くだされ~

さっそく装着。
IMGP0002_convert_20130503012402.jpg
最初セルが回らず焦りましたが、バッテリーの接点を磨いて電気の通りを良くしたら、ちゃんとセルが回りエンジンも始動できました。
まずは、第一関門突破です。

つぎは
IMGP0003_convert_20130503012434.jpg
車幅灯不灯の電球交換。
それにしてもサビがひどいなあ。これじゃあいまどきの解体屋に来るクルマより錆びてるね

ここで使用している電球がいまではあまり見かけないワット数。
IMGP0007_convert_20130503012531.jpg
7/3.4Wというダブル球です。
なぜダブルかというと、駐車灯と兼用だから。駐車灯ってなんぞや、という疑問はネット全盛の時代なんで、いろいろググってくださいね。
このサイズ、ワタシの近所のホームセンターには売っていません。以前探し回ってようやく日本最大級って触れ込みのホームセンターで見つけたのが最後。そん時で、1個136円だった、というのがメモ書きにありました。
しかし、その時購入したのは、すべてリヤのランプに使ってしまったので、今は無いなあ。
う~ん、と悩んで、いつか再生予定の他のクルマより外してきました。とりあえず、これで車検はOK!
無いのも不安なので、後日通販にて購入しておきました。10個も頼んだから、困ってる方には譲れますよ、って誰もいないか~

さて続いて
IMGP0031_convert_20130503012951.jpg
フロントをジャッキアップして、ディスクブレーキをオーバーホール。

IMGP0032_convert_20130503013029.jpg
キャリパー外すのに、ボルトが固着してて、ボックスレンチの柄を延長してようやく外せました。
前回外したのは、いつの日か‥。少なくとも10年はやっていないなあ。なんかサビ色だね。

IMGP0036_convert_20130503013232.jpg
パッドを外して、ピストンをエアを入れて外そうにも、片方しか出てこない。
どうしよ、どうしよ~と悪戦苦闘しましたが、先に外れたピストンをもう一回戻して、木片で出てこないようにして、なんとか片方も抜きました。

IMGP0042_convert_20130503013301.jpg
パッドは、片減りしているのもありますがまだ使えそう。
ですが、せっかく新品が手に入ったので、交換です。パッドは社外品ですが、まだ新品を造っているようで、普通に入手できますよ。価格は3,000円弱でした。

IMGP0034_convert_20130503013116.jpg
シールキットも、半年ほど待たされましたが、新品が出ました。ワタシの注文で、大量に造ったかもしれないので、いま頼べばすぐに手に入るんじゃないですか(笑)
ただ、買い占めてネットで価格乗せて売らないでほしいなあ。ワタシが購入した時には、たしか1,000円弱でした。いや、もうちょっと安かったかな?

ピストンは思ったよりも程度は良く、再使用します。綺麗にして、サクッとシールを組み込んで完成。

続いての作業は、リヤのドラムブレーキ点検。
こちらは、画像が無いですが、遊びを調整して中をブレーキクリーナーで洗浄。綺麗とは言えないけど、なんとか終了。

それと、マフラーの穴をふさいぐのと、ヘッドライトのハイビーム側のバルブを新品にして、さらっと洗車しておきました。
こんな作業を行って、さて、車検場へ。
IMGP0043_convert_20130503013341.jpg
もちろん?、車検場に入る前にテスター屋さんでヘッドライトの光量調整。
いろいろ調整してもらいましたが、ギリギリとのことで、やや不安が‥

結果は…

サイドスリップ ○
前後ブレーキ  ○
スピードメーター○
下回り     ○
そしてライトは…
左右      ○
よかった~

しかし、排ガス検査でCOはOKでも、HCの値が基準の1200を超えた1500強!
これじゃ受からない。
検査官に、旧いんで、とベタな言い訳をしてもダメなものはダメ。

その後、自己流に、キャブクリーナーを突っ込んでみたり、キャブをいじってみたりするも、その後2回ともダメ。結局一回の検査料で3回までしかコースを通れないので、終了~
そのあとに限定車検証なるものを交付されました。なんでも、不具合のところが改善され検査に合格すれば、ほんとの車検証が出るとのこと。
どうやら、もう一回検査料を払えば、同じ日でもコースに出れるようなので、今度はテスター屋さんへ急げ~

テスター屋さんでは、「なんかエンジンヘッドのバルブが固着してるんじゃないの?ガスが異常だよ」ってことで、その場では修正不能とのこと‥
ありゃりゃ~。果たしてどうなる???




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.