永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
東北への旅
あの未曾有の災害から1年半以上たっていますが、いまだに進展もない、との報道。
ほんとはどうなんだろう、と今更ながら行ってみようと思い立ち、ぶらり東北の旅。

いきなり被害の酷いところに泊まりにいくのも‥と考えちょっと離れた山形へ宿を取り、東北道を北上。

宿からの風景。ここはあまり被害がなかったようなので、平和的な風景が望めます。
IMGP0037-1.jpg

今回のお供は、
IMGP0039-1.jpg

とりあえず、ホイール脱落しましたが無事?復活。
前側のホイールの納まりは良いのですが、
IMGP0041-1.jpg
後輪の凹み具合が‥。ある130クラゴンオーナーさん曰く、「電車」だそうで。
今回は実用を取りましたが、次回は見た目も重視しよう。

のんきに観光スポットも行ってみました。
IMGP0043-1.jpg

秋の紅葉シーズンの画像はよく見ますが、緑あふれるのは珍しい?

そこから、一般道を使って移動。
まずは、気仙沼へ向かいます。
IMGP0046-1.jpg
鳥も人恋しいのか、近くでも逃げません。護岸の傷が今でも生々しい。

IMGP0047-1.jpg
画像では分かりずらいですが、海水が岸壁ヒタヒタ。地盤沈下でしょうか。

IMGP0048-1.jpg
左側は海ではなく、陸地。海水が引かないようです。

IMGP0051-1.jpg
海産物店へ向かい、駐車場から。電柱の曲りがあの時のままか。お店では、どこから来た、と問われ笑われました。
社長、意外に近いのよ。そう言い訳してみますが、今頃行ってごめんなさい。

陸路を移動。何度も映像で紹介された南三陸町へ。
あまりの惨状に、軽々しくも歩き回るのがためらわれ、画像は車内から。
IMGP0053-1.jpg
1年半ではすぐには変わらないのかもしれませんが‥。

たとえ物見遊山でも、また行ってみよう。
でも、次回は少しは役にたつようなこともしてみよう、自分のできる範囲で。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.