永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
映画での日本車登場①
さて、唐突ですが今回は映画の中に出てくる日本車の登場シーンをご紹介したいと思います。
なんで、という感じですが、とりあえずなんか更新しなきゃ、ってところですね…

1回目は、1974年公開された米国映画で邦題「バニシングIN60」に登場した日本車です。
ただ、登場シーンは、某テレビ局で放映されたバージョンをもとに紹介しているので本当はもっと出ていたのかもしれません。

IMGP0001.jpg

ごらんのとおり、コロナRT40系のリヤビューです。
「バニシングIN60」のストーリー、詳しくはいろいろ解説している板に譲りますが、まあ簡単に言うとカーアクション&スタント中心の映画です。物語の中心は、主人公が盗んだフォード“ムスタング”が警察車両に追いかけまわされるんですが、このコロナとのファーストコンタクトは盗み出されたロングビーチのラジオ局があるビルの近くでした。
最初は特にアクションもありません。ムスタングが逆走してくるのを避けるくらいです。

IMGP0002.jpg

次のシーンは交差点でパトカーにぶつかりそうになるところ。
最初のコロナと同じ車両かどうか確認はとれませんが、主役のクルマではなく何台も用意しているとは思えないのでおそらく
同一車両でしょう。

さて、いよいよコロナに悲劇!が訪れます。

IMGP0003.jpg

オフロードでのチェイスののち舗装路に復帰したムスタングをとらえた画像。手前にコロナがいます。なぜか前部が破損しています。別のシーンでスタントがあったのでしょうか?が、そのシーンは確認できません。

IMGP0005.jpg

ムスタングはコロナをクリアして曲がっていきますが、パトカーはコロナへまっしぐら!

IMGP0006.jpg

おや、後部も損傷しています、かなりひどい状態です。しかしそれ以上にパトカーが横からぶつかる寸前!!

IMGP0007.jpg

パトカーはコロナへ激しく激突、砂塵にまみれてます。コロナはどうなったのか…

この後のコロナ登場シーンはありません。ここで昇天したようです、って見れば分かりますね。

米国へ輸出された40系コロナ、1966年から70年ころにかけてのようです。そうなると破壊当時は一番旧い年式としても8年程度、破壊されるにはちょっと早いような。日本車だから、でしょうか?
今回主役のムスタング、いまは「マスタング」と呼ばれているようですが、幼少期に聞いた「ムスタング」という名前を尊重したいと思い、あえて…。

2回目はあるかな?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.