永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
「太陽にほえろ!」劇中車のこと(外国車編2)
外国車編、とありますが、この頃の「太陽にほえろ!」では、あまり国産車が登場していないので外国車だらけなんですね。
とはいえ、外国車が華やかに登場するのもあまり多くありません。まもなく、影のスポンサー?トヨタ車が登場することになっていきます。
さて今回は、アメリカ車と西ドイツ車、そしてイタリア車の競演です。

まずはボス自ら操る銀色のクーペ。
20111216-1.jpg
角型のヘッドランプは汎用タイプのシールドビームか?それとも専用サイズ?
いまでも部品供給は万全なのでしょうか。こういったものが出なくなると、車検が取れなくなり廃車、となってしまいますが。
特に国産車の専用サイズのものはなかなか入手困難。それで我がクジラ仲間でハードトップに乗る仁で角型専用サイズをセダンタイプの丸型四灯にしている方もおりますが。
ボスが乗っているのは…
20111216-2.jpg
西ドイツのメーカー、オペル社のレコルトですね。
「太陽にほえろ!」より前のテレビドラマ、「ザ・ガードマン」でもセダンタイプが活躍していました。
「ザ・ガードマン」のくだりは、いつも拝見している「彩雲4号」さんのブログに詳しいかと。
2ドアですと、映画「蘇える金狼」で千葉ちゃん(千葉真一)が乗っていた印象が大きいでしょうか?話がそれますが、あのロケ地、いまではまったくの面影なく「がすてなーに」などという施設が建っております。

以前ワタシも外車にかぶれて、オペルを所有したこともありましたが、親会社および日本のインポーターのゴタゴタでいまではどうなってしまったのか。
このレコルトなら、ちょっと乗ってみたいと思わせる5ナンバーサイズの欧州車です。でも、出てこないんだよなあ。

次は、これ。
20111216-3.jpg
画像がぶれていて非常にお見苦しいですが、これはシボレーコルベア。ベアというからには、クマのイメージ?リアエンジンを採用したアメリカのメーカーでは珍しい駆動方式。リアエンジンで真っ先に思い出すのは、フォルクスワーゲンビートルとかポルシェとか、やはりドイツ。そうそう、スバル360もリアエンジンですね。
販売面では、高度成長の弊害というのか市民目線の発露というのか、そういったことから苦戦したようですが、なかなかどうして魅力的な曲線のボディラインです。今回登場のこの車両、オープンカーという趣味性の高いボディ。
当時は1ドル360円からちょっと下がった位のドル優位時代、どんな方が購入されたのでしょうか?

20111216-4.jpg
さて、リアヴューですが、後方に停まっている「石原プロ」のキャンピングカー(日産エコーがベース?)も気になりますが、それよりも不思議なものがトランク上に生えています。(その部分を右の看板のところにアップ)
どうやら、これはストップランプ兼ハザードのようです。画像では分かりませんが、映像でみると、本来の位置のハザードランプ(赤)右部分が点いていなくてかわりに生えているランプが点滅しています。
当時の交通事情に合わせて日本仕様に改造したのでしょうか?それとも、電装の故障でやむえず生やしたのか?

さて、最後は
20111216-5.jpg
疾走するフィアット1800B。カッコイイですね。


さて次回もあるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
・・・・
セキトラさんのブログの影響もあって
最近では古い外車にも興味が出てきました。

いや~、全てがカッコイイですね。
それでもフィアットが一番ですけど。
よく石原プロのバスに気付きましたね。
私なら絶対に見逃しています。

次回も期待しております。
2011/12/20(火) 01:25:31 | URL | 彩雲4号 #XKtckMjk[ 編集]
イイですよね
古い外車、イイですよね。
今でこそ、外車が街中に溢れているようになっていますが、「太陽にほえろ!」の当時ではかなり珍しい存在だったんでしょう。

フィアット、だいぶ気に入られたようですね。
日本のどこかにほんと残っていないかな?
石原プロのバス、実はこのシーンで裕次郎さんがロケに参加しておりそのための待機車だったようです。それで「おやっ」と思いました。
ちょっと前のワイドショーでバスの紹介をしていましたが、その時はシビリアンだったような?長く使われているのですね。
今でも活躍しているのでしょうか。

次回は…、がんばりますe-271
2011/12/21(水) 22:51:14 | URL | セキトラ #-[ 編集]
エコー
皆様、本年も宜しくお願い致します。

太陽の場合はオペルの登場率が高いですね。どうも古いドラマを見ているとオペル採用率が高いのでインポーターと映像界とのつながりが深かった?かもしれません。

件の石原プロ・裕次郎さん専用サロンカーは#17当時(気がつかなかった・・・(^_^;))はニッサン・エコーでした。例のエコー事故問題で大幅改良のシビリアンが登場しますが、裕次郎さんの車はそれよりもっと後にシビリアンに変ったのではないかと思います。
1981年の裕次郎さん入院時には慶應病院に駐車され、石原プロの控室として活躍していたと思いますが、その時シビリアンのボディ全体にファンの裕次郎さんへの励ましメッセージがビッシリ書かれていたのを想い出しました。
2012/01/06(金) 12:44:18 | URL | けぶ #wHR34mM6[ 編集]
よろしくお願いします
けぶさん
年が明けましたね。いろいろ大変でしょうが、今年もよろしくお願いいたします。

たしかにオペル登場多いですね。マカロニのカデット乗車シーンはなかなか良いですe-257
映像関係とつながりの深いデーラーさんってあったんでしょうね。俳優さんに買ってもらった、なんてことからつながるのでしょうけど。

エコーは悲劇なクルマですよね。名前まで変わってしまいましたから。その割に意外に草ヒロで残っている率も高く、当時はメーカー回収とか積極的に行っていなかったのか…

裕次郎さんの専用サロンカー、最後まで日産車でしたね。もっと大きな外国車ベースも選択できたでしょうに(勝新太郎さんが警視Kで使っていたのはアメリカ車?)義理固いのでしょう。
2012/01/09(月) 00:38:57 | URL | セキトラ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.