永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
エコカー減税政策って…
あの大震災から3ヶ月が経とうしていますが、以前先行きが不安定。
でも、進まなければ次のアクションへ進めない。みなさん非常に頑張っています。

クルマネタで恐縮ですが
スキャン0001_convert_20110605234009
2011年6月2日読売新聞朝刊より

大変な状況の中、愛車をようやく自らの手にすることができたオーナーたち。
先頭に写っているのは、あの世界の渡辺貞夫がCMキャラクターを務めた通称ナベサダローレル。
C32という型式で、前期型ですので、年式は1984~86年位。今から25年以上前のクルマです。
良く残っていた、すばらしいです。

こちらは宮城県名取市のホームページにアップされている市内の被災状況の一つ。
photo55_convert_20110605233833_convert_20110605234042.jpg
手前側の白い車体、初代アコードのようです。年式からいっても30年以上前のクルマ。
エコカーに乗り換えると金をあげる、という甘言にならず自らの信念に従って維持してきたオーナーさんの無念が伝わってきます。

2010年秋に狂騒の中終了したエコカー減税政策。
たしかに自動車産業保護という観点からすれば大いに価値のある政策だったのでしょうが、本当に意味があったのか?

大震災の結果、被害に遭われた方が必要とする安価なクルマが手に入らず、新車も部品不足で販売していない。
エコカー政策の影で、充分走ることのできた大量のクルマが廃棄されていた不条理。

大地震は想定外、そんなこといまさら言われても…、ということかもしれませんが、なんだか考えてしまう2011年6月です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして、初代アコード乗りのさいとーと申します。ネットサーフィンで辿り着きました。この車はうちのクラブの会員のものです。極上車でとても大事にしていたのですが・・・。「使えるものがあったら使ってほしい」と引取りを依頼されてローダーで出向きましたが重機でつぶされ叶いませんでした。
http://www.geocities.jp/first_generation_accord/Action/Report/Shinsai/Rep110422.htm
2011/07/14(木) 22:45:10 | URL | さいとー #-[ 編集]
さいとーさん

書き込みありがとうございます。

リンクいただいた記事、拝見しました。
涙が出ました…。

ただ、オーナーさんがご無事で本当によかったです。
命があれば、次につなげることができます。今はとてもとても大変な状況でしょうがまたアコードに乗っていただきたいです。

初代アコード、友人の父上がデザインに関係したようで、なんとなく思い入れがあるクルマです。ワタシ自身、アコード乗りではないですが、昔BA5のプレに乗っていたこともあり、あの頃のホンダ車も好きです。

さいとーさん、これからもアコードを大切に
次世代へ繋いでいってくださいね。

貴重な情報、ありがとうございました。
2011/07/16(土) 07:52:26 | URL | セキトラ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.