永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201509<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201511
サイドカバー交換
さて、今更感がありますが、こんなパーツを交換していたので記録として…

クジラクラウンカスタムのリヤクォータ―部分のカバー、なんという名称かわかりませんが、レザートップ仕様になっています。
先日みたトヨタ博物館所蔵のマシンでは綺麗になっていますが、ウチのはボロボロ&サビサビ。
レザーが劣化して切れていたのをそのまま見逃してサビが進行したんですね。

というわけでそのパーツを外します。

外した跡はサビが回ってます~
外したパーツは、左側に写ってますね~
解体パーツよりもひどい?

なぜか代替のパーツを持っていまして‥
P5180073_convert_20151019131714.jpg
バンのもの。右側のパーツです。
バン仕様はそのまま鉄板なので、比較的綺麗です。

はめてみます。
P5180074_convert_20151019131737.jpg
バッチリですね。
このままだと芸がないので、サビを落として仕上げましょう。

もう片方も、同じような感じですが、そちらは代替パーツなし…。どうしようか。

スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

メガウェブ見学(おまけ)
先日行ったメガウェブ見学。
クジラクラウンがメインでしたが、それ以外にも楽しいマシンがあったのでちょっと紹介。

PA060062_convert_20151012214321.jpg

1階のフロアにあった、初代クラウンと初代セリカのリフトバック。
初代クラウンは「観音」という愛称がつけられていますが、「観音」と聞いて今の方々はすぐにわかるだろうか?

PA060022_convert_20151012213927.jpg
中庭には、初代カリーナが。綺麗に仕上げています。
なんの変哲もないセダンらしいたたずまい、いまでは見られない2ドアセダンというのもポイントです。
GTは愛好者が多くいるので、トヨタさんにはこういった販売面で貢献したがだれにもかえりみられなかったセダン系をぽちぽち直していって欲しいです。
なんなら、ベース車提供しますよ。

PA060025_convert_20151012214126.jpg
このマシンも、ガソリンの投入口は、後部からなのね。

PA060016-1_convert_20151012213717.jpg
会場の駐車場では、セリカXXが。後期仕様、やや車高を落とした姿はカッコいいです。
大事にしている感がよく分かります。

見学時間は短かったですが、旧車維持にくじけそうになったらお手本になる場所としてまた立ち寄るところが増えました。
ありがとうございます~

テーマ:日記 - ジャンル:日記

クラウン60年展
先日ですが、こんな催しを見てきました。

詳しくは

記事上げるのが遅いので、もう展示は終わってます…

トヨタクラウンが誕生して60年だそうです。
太平洋戦争が終わって10年後にはクラウンが誕生していたんですね。

と、クラウンの歴史を語るほどワタシは知識はありませんので、いろいろ調べていただくと分かりますので端折らせていただきますが。

今回の目的は、クジラクラウンがなんと2台も展示されているというので、それを見に行きました。
お台場での展示を行う前は、愛知県にあるトヨタ博物館で展示されていたのですが、伺うことができず悶々としてましたが、まさか華の都東京で開催されるとは!

さっそく会場へ向かいます。
会場は、東京お台場にあるトヨタメガウェブ。メガと聞くと大盛りを想い出す…

入口は可愛い三輪車が
PA060061_convert_20151012221011.jpg
トヨタの展示館なのに、他社?と思いましたが、ダイハツは仲間か!

お目当てのマシンはどこだろう~
PA060033_convert_20151012214854.jpg
入口付近の現行クラウンは綺麗にスルーして、最初に目に飛び込んできたのは、歴代クラウンのCM。
もちろんクジラしかみません~

PA060036_convert_20151012214524.jpg
このCMは初見。自作?の仮ナンバーがイカす。
コンプらだかなんちゃらで、やたら厳しい世の中ですが、ついてりゃいいのよわかりゃなんでも。
こういった大らかな気持ちを想起させてくれるCM、いいです。

PA060037_convert_20151012220749.jpg
運転手さんは、「わんぱくでもいい~」と言っていたあの田中浩さん。
CM以外では、TVや映画で主にいわゆる悪役が多かったですが、この当時のスポンサーも視聴者も、虚構と現実はちゃんと理解されてる賢人ばかりなので、まったく問題なし。
悪役がファミリーで出るのってどうよ、と今ではその候補にすらならないのでしょうね。
奥様は、真野順子さん?お子さんらしい子供たちは4人と明るい未来を予見させる人数。
6人いるのは、コラムシフト仕様車なんでしょうね。
いまだったら、じいちゃん・ばあちゃんプラスご夫婦プラス子供一人なCM設定かな。
でも、セダンよりワゴン車になるか。
セダンは今はファミリーカ―として売りずらい時代ですね。

CMに見とれて時間が過ぎてしまうので、さっそく見学。
ところで、これらのCM集、DVDにでもなればよいのに。以前購入したことのあるDVDには、今回見た映像は収録されていなかったので、別ヴァージョンで出していただければいいなあ。

目に飛び込んできたのは
PA060040_convert_20151012215319.jpg
このマシンは、すでにトヨタ博物館が所蔵していて、たま~に展示されるので知っていたマシンです。
前期型のスーパーサルーン。「エレガンツ・クラウン」がクジラクラウン=4代目のキャッチコピーですが、セダンらの丸目4灯ライトよりもハードトップの角目2灯のほうがその名にふさわしい気がします。
それよりも右隣のマシンが…
PA060042_convert_20151012215507.jpg
おっ!クラウンカスタムです。どこからか持ってきたのか、レストアを施されて展示されています。
微妙な色味、なんという塗色なんでしょうか。

PA060043_convert_20151012215646.jpg
ズズッとリヤのレンズ周りへ、メッキのブツブツは仕方がないですね。もちろんウチのも同じくらいです。って自慢するな~

PA060047_convert_20151012215915.jpg
サイドのレザートップは光沢がありますが、なにかブツブツのような突起がみえるような‥。
少し心配です。

PA060048_convert_20151012220121.jpg
キャップは、カスタムグレードにあったものが装着されています。バンやデラックスとは差してる黒色が違うんですよね。
って、だれも気にしないところですが。

PA060049_convert_20151012220254.jpg
狭い会場にクジラクラウンが2台も展示されてるって、クジラ優遇?狭い会場を有効活用しており、鏡を使って前を見れますね。
オーバーヒート対策のためのバンパーに穴あけ対策がされたマシンです。


PA060055_convert_20151012220403.jpg
当時物のポスターが展示されていました。いいですね~

トヨタとしては、あまり売れなかったこのクジラクラウンの存在を無きモノにしようとしていた、とワタシは勝手に思っていたのですが、今回のカスタム展示といい、それは全くの誤解とわかりました。ゴメンナサイ。
トヨタのために弁解させてもらえるなら、当時ライバル社のセドグロに販売台数で負けた、というのは、いままで日産系のセドリック、プリンス系のグロリアが別ボディだったのを230という型式で同じボディでにしたというのも要因なのでは?
1+1は2ですから、数でいえば多くなるのに決まってるよね。
それなりに売れたんですよ、クジラも。だから今でも街中でたまに見かけませんか?
って、見かけないか…

トヨタ!偉大なり~


テーマ:日記 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.