永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201410<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201412
お台場旧車天国2014に参加してきました
珍しく更新が早いですが…
たまにはよいのでは?

というわけで、先日23日に東京お台場で開催された「お台場旧車天国2014」という旧いクルマ・オートバイ展示&部品販売などなどを行うイベントに参加してきた報告などを。

今回で2回目を数えるイベントですが、会場が昨年の1.5倍ということで某NYMでもおなじみの会場を使って規模が拡大。もはや一出版社のイベント規模を超えてるような大掛かりになっております。
ワタシはトヨペットコロナマークⅡで参加。一応ちょっと考えて、スタンダードチックにお椀キャップにホイールリングと当時のオシャレ仕様を目指しましたが、あまり意味が通じていない‥



さて、お隣さんは特に知り合いでもなく、これは会場に入った順に場所が決まるために様々な車種がごった煮で展示されています。この辺りは昨年同様です。たぶん普通の旧車イベントだったらありえない並び。ちょっと車高を落とした初代デボネア、リアのホイールスカート?というんでしょうか、昔京都に修学旅行に行った際に見かけたバスのような装飾が施してありました。って見えないか~

PB230006_convert_20141125193351.jpg
パッと見ただけでも、トヨタ2000GTの隣が三菱コルトだったり、シボレーベルエアのお隣がダットサントラックだったりとなんかおもしろい。キャブスターも見えるなあ。

とにかく今回は好天に恵まれたせいか、人出が半端ない。なので、マシンのまわりでじーっとしていてあまり他のマシンたちを拝見しておりません。かなりマニアックな車種も来ていたようですがもったいないことをしたなあ。

そんななかでボチボチ撮ったのが
PB230007_convert_20141125193844.jpg
プリンスライトコーチ、いわゆるマイクロバスですね。
これが北海道の旧車イベントで売りに出ている光景を、つい先日雑誌オールドタイマーのバックナンバーで見たばかりだったので、まさか本物が見れるとは思わなかった~
10年前くらいの号だったかな?
箱根の保養所廃墟の前に破壊尽くされた同型のバスを写した画像をネットで見たことがあり、とても悲しい気分になったことを思い出します。
日産と合併し悲劇感漂うプリンス、と勝手に思っていますが、今回某半島から自走でこの会場まで来たと聞いてなんだかとても嬉しい気分です。今後イイ感じに外装も補修していって欲しいですね。

PB230012_convert_20141125194045.jpg
旧車のみならず熱海やドリームランドモノレールなど、多くの「昭和」たちをご自分の足で発掘しブログで紹介してこられた彩雲4号さんが愛車コルトでエントリーしていました。災害に見舞われたマシンは無事復活を遂げられたようですが、ちゃんとマシンの状況を見なかった~
そして、なんと彩雲4号さんに初めて声を掛けさせていただくことに成功しました
クルマのそばにいらっしゃらなかったので、最初声を掛けさせてもらった際に「どうしてわかったんですか?」と言われましたが、ちょいちょいお顔がブログに出ていたのですぐにわかりました
今お休みをされているブログ復活に向けて着々と準備をされているとのことで、全国100万の彩雲4号ファンの皆様、もう少しの辛抱です!?
お話をさせていただきありがとうございました。

PB230017_convert_20141125194457.jpg
仲間が購入したレストアベースのクジラハードトップを見たりしているうちに早くも終了時間に‥
なんだか時間の進行がとても速かった~
つづく



スポンサーサイト
車検に向けて整備
車検が切れて気が付いたら1年以上も過ぎてしまった軽バス。
なにかと荷物を運ぶのに便利なので、ようやく車検取得に向けて重い腰をあげました。

まずはブレーキを


前回り、サビサビですね~。パッドは目視&メジャーで計測してまだイケそうなので、サビを綺麗にして終了。

次は後ですが
PB050008_convert_20141118002434.jpg
でっかいナットに合うソケットをずいぶん前に購入していたのですが、今回ようやく出番が。
こちらもすんごいサビ。

PB050004_convert_20141118002106.jpg

カップ漏れやシューの残量がまだあったので、サクッと中を綺麗にして終了。
PB050005_convert_20141118002228.jpg

あとは車検用のホイール&タイヤに交換して、全体に汚れたボディを洗車です。
PB050010_convert_20141118002631.jpg
パッと見綺麗になりましたが、はたして…

さていつ車検行こうかな~

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

BC戦争
さて急に太陽モードになったので?
また印象的な回からクルマネタを‥

昔トヨタと日産がクルマの販売数でしのぎを削っていた頃、「BC戦争」というものがあったそうです。
B=ブルーバード、C=コロナの略とのことで、同じような寸法の小型車クラスでし烈な販売競争があったとのこと。
いまではそれぞれの車名が消滅してしまった昨今では、そんなことがあったことも記憶の彼方でしょうが。
この回では、まさに「BC戦争」が繰り広げられました。

殺人事件の容疑者が操るラリー車、それはブルーバード510型。
PB110013.jpg

左側のマシンですね。右はダイハツ初代シャルマン。なぜシャルマンなどというマニアックなマシンが登場しているのか。地方のサブディーラーが数合わせで販売せざるえないようなそんなマシンの印象を受けるのですが、いろいろネットで調べてみると、今回のカースタントを担当した関さんがダイハツ関係のラリーチームにいたからのようです。
とはいえ根も葉もないネット情報、真相は…。

おっと、主役はBCです。
PB110014.jpg
容疑者を追ってぼんぼん刑事がコロナRT40型に乗って追走してきました。
ぱっと見、フルノーマルのコロナとラリー仕様のブルーバードでは追いつけないような気がしますが、ぐんぐん距離を詰めてきます。

PB110015.jpg
ジャンプしてさらに逃げるブルーバード!

しかしジワジワ追い詰めるコロナ
PB110016.jpg
コロナのナンバーが外れそうです。借りナンバーの上に張り付けた仮ナンバーだから?

コースの先端が湖のようで、そこに突っ込もうとする容疑者、助手席にはコドライバーを務めているテキサスが!
「あっ、あぶない」とぼんぼん刑事コロナが素早くブルーバードの前に回り込んで…

PB110017.jpg
激しくクラッシュ~

と、ここではブルーバードの勝利のようですが、真相は…

テーマ:日記 - ジャンル:日記

「ところざわ」報告お帰り編
会場ではマシン以外にもいろいろなお店が出ていて楽しいです。お店はクルマ関係が多いですが。
多くのお店のなかで見つけたのは…
051-1.jpg
2代目エルフのミニカー。いわゆるトミカサイズよりも大きいものです。
ワタシはこのシリーズのボロボロの清掃車を持っていますが、ダンプとレッカー車といろいろバリエーションがあったんですね。他にもあるのかなあ。
気になりましたが、価格を聞いて暗澹たる気分になるのが嫌だったので聞きませんでした。ヘタをすると実車よりも高い場合がありますので‥

そんななかいろいろ回ってワタシが購入したのは結局

PA300016_convert_20141030235923.jpg

トミカのエルフ清掃車、程度それなり~

PA300015_convert_20141030235805.jpg
トミカの230セドバンとニュークラウンファイアーチーフ。程度はもっとそれなり~

PA300020_convert_20141031000018.jpg
初代マークⅡ後期登場を取り上げた雑誌。
ブラボーコロナも写っていますね。ホワイトリボンタイヤがよいアクセント。イイですね。

さてイベントもそろそろ終わります。
帰り際には

グリーンの初代スープラ中期。純正色でこんな色があったんでしょうか。
ちょっと気になります。

昨年は大雨で大変だったようですが、今年は快晴!屋外イベント日和でした。
のんびり過ごせて楽しかったです。来年も参加したいなあ。
「ところざわ」報告気になるマシン編
さて「ところざわ」報告、続きます。



これは初めて見ました。ってグレードではなくこの個体自身ですが。
MS60クラウンスーパーデラックスの前期、それも初期に存在した前バンパー下部にスリットが無いタイプです。
MS60、いわゆるクジラクラウンがデビューしてから、夏季にオーバーヒートの兆候が法人系を中心にクレームとして発生しその対策として前バンパーの下部分に穴をあけて風通しを良くする等の改善をおこなったようです。このマシンには、その穴がありませんので初期のものと判断しましたが、はたして素人判断は…?

後でオーナーさんにエンジンルームを見せていただきましたが、ツインキャブを装着したM-Dエンジンがとても綺麗。エンジンだけでなく全体的に綺麗です。
ずっとレストアをしていて、ようやくこのイベントでお披露目となったようです。これからもいろいろ出てきてほしいですね。

PA190035-1.jpg
旧車雑誌に取り上げられたことがあるクジラクラウン後期バン。乗用登録されています。
なかなか綺麗です、ワゴンは使い勝手が良くていいですね。

039-1.jpg
前から気になっていたボンネット型。すでに何回かこのイベントに参加されているようですが、形がユニーク。
通常のバスサイズよりも短い。バス登録をしていますが、用途はもともとなんだったのでしょうか?
オーナーさんらしき方がいたのでちゃんと聞けばよかった~

041-1.jpg
おともだちのマイクロバスが参加しています。

今回は
042-1.jpg
お隣のパトカーとセットで、移動交番車仕様のようです。
そうなると次回はぜひ灰色にオールペンチャレンジしてほしいです

045-1.jpg
こちらも有名車。オーナーさんに前に聞いたところでは、意外に職質等本職さんからのアプローチはないそうです。あまりに前の年代過ぎるからかな?

054-1.jpg
よいたたずまいのセドリック130。シングルナンバーが素性の良さを際立たせています。

055-1.jpg
装着されているタイヤサイズも、もっちり感バッチリでいいですね~

他にもたくさんのマシンが参加していましたが、とりあえずこれくらいで。まだ続きます。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

コロナラインの雄姿
さて、前回のブログでコロナラインのことに触れたので、ちょっと雄姿を見てみましょう。
といってもドラマの世界ですが。
昭和50年に放映された「太陽にほえろ!」の印象的な回より。

逃げるひったくり犯が和菓子屋?さんのコマーシャルカーを盗んでさらに逃走、たまたま犯行現場近くにいたテキサスが追跡のうえ警らのパトカーに同乗し追いかけるシーン。
そのコマーシャルカーにコロナラインが使用されました。
年式ははっきりと分かりませんが昭和35年くらいの年式?そうなると放映当時15年落ち?
今の時代15年前のクルマというと、平成11年なのでそんな古いイメージはありませんが…


画面左側のマシンがコロナライン。楕円のグリルが印象的です。
某ポッターとかの映画に出たフォードアングリアにちょいと顔が似てませんか?
どうも古いなあ、と感じるデザインです。放映当時見ていたワタシには何の車種か最初わからなかった‥

追跡のパトカーはセドリック130の初期、50系クラウン2台。どちらも昭和40年代を代表するパトカーですね。ってここでは偽物ですが。

某ブログで、コロナラインがカラーで走る姿が捉えられているのは珍しいということなので、ちょっと画像をば。
※関係者の皆様、決して権利を侵害する目的でご紹介しているのではありません。日本の高度成長の証言者として番組ならびに劇中で使用していたクルマの紹介をさせていただくだけでございます。どうか、大いなるお気持ちで接していただければと考えております。

PB110004.jpg
細いタイヤで急ハンドルを切っております。すでに右前のホイールキャップは失われております。
画像ではよく見えませんが、品川4のナンバーを掲げており本物ナンバー?

PB110005.jpg
純正色でしょうか、なんともいえないツートンカラーがシブい。旧い和装の色合いです。
リヤのキャップは先ほど飛んでいきました~

PB110006.jpg
おや、前部が痛々しい‥。130セドパトの後部に側面衝突させ大きく凹みましたが走行には支障が無いようです。

PB110007.jpg
追跡中横転させられた130セドパトですが、復活したのか走りだしコロナラインと正面衝突寸前となりますが、コロナラインが130の前足を折って走行不能にさせてしまいます。というよりも、横転ランプに左足を載せた際に折った?
ってどうでもよい考察ですが…

PB110008.jpg
さらに凶暴になるコロナラインの運転手、再度正面衝突を仕掛けえようとし、危険を感じたテキサスがタイヤを狙って銃を発砲!たまらず横転!
ちょっとボンネットの凹みが治ってますね。これは2台あったのか?

PB110009.jpg
横転のショックからか、爆発炎上のシーン。後方には東京タワーが見えます。ロケ地は品川区大井あたりなんでしょうか?

PB110010.jpg
駆けつけるテキサス、しかし間に合わずに炎上~


日本の映像史上後にも先にもコロナラインのカースタントはこれだけではないでしょうか?他にご存知の方お知らせください。
いやー、実車も残っていたら見てみたいです


テーマ:日記 - ジャンル:日記

「ところざわ」報告コロナブラザーズ編
さて、初代マークⅡには、3回のスタイリング変遷があります。
最初に出た形を「前期」その次を「中期」、そして「後期」です。
って、メーカー側で正式にそのように呼んでいるのか分かりませんが、昭和43年に登場し、2代目となったRX系マークⅡが出た昭和47年の間4年に3回も変わっているのはクルマの成長期だったからのでしょうか?


前回りの画像は前回見ての通り違うのですが、後ろ周りも微妙に変えています。
ウインカー・ストップランプ形状やナンバー位置の違い、だけかと思いきやクルマ仲間の一人が「バンパーの取り付け位置が後期の方が上がってる」との指摘。
実に細かい。ここまで造作を変えていたトヨタの執念?に今では感心します。

さて、マークⅡ以外にも会場を見てみましょう。

PA190038-1.jpg
トヨペットコロナ、いわゆる「安全コロナ」と言われた型式のGTです。その当時クルマの安全基準が強く求められるようになったのか、バンパーが大型化し厳つい雰囲気です。
このあたりのコロナも実はあまり残っていないようです。「販売のトヨタ」の面目躍如たる活躍のおかげでしょうか?

PA190040-1.jpg
近くには、RT20のコロナが。
この型式は、前型式のコロナが耐久性に難ありとされてしまい、そのために悪路を猛スピードで駆け抜けドラム缶を弾き飛ばしたりするTVCMを流して堅牢さをアピールしていましたが、やはり「販売のトヨタ」の前にはかなわず残っていません。
しかし、意外に旧車イベントには参加している型式です。
ワタシは「太陽」世代なので、この顔のバン型「コロナライン」の方が好きです。

PA190041-1.jpg
その隣には、60系チェイサー。
やや落とした車高にエンケイバハ?のアルミがイイ感じです。
チェイサーといえば、初代チェイサーのCMキャラクターは草刈正雄さんですが、草刈さん主演のTVドラマ「華麗なる刑事」では初代三菱ラムダに乗っていました。時代が違うから大丈夫だったのか?

PA190034-1.jpg
お次は、RT40コロナ。この顔は「中期」かな?綺麗な車体です。
オーナーさんの話しだと、装着しているホイールは15インチのテンパー用でバイク用(ハーレーだったかな?)タイヤを装着しているとのこと。どうりで細いわけですね。ってよく写ってません~

まだほかにもコロナ系があったんですが、ここではコロナブラザーズ編終了です。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

久しぶりのイベント参加
早いもので11月になりました。
もうお正月の準備でしょうか。ってまだ早いか~

さて、10月の半ばに開催された、関東圏での旧車イベントでは老舗といわれる「ところざわ」のイベントに久しぶりに参加してきました。

エントリーしたのはいつのころか?もう5~6年前くらいかな?
ずっとこの時期会社の催事と重なりそちらを優先するという「社畜」状態でしたが、もう先は見えてきてしまったので?
今回はズバッと休んで参加です。

この会場でようやく実現した、初代トヨペットコロナマークⅡの中期と後期のセダンの並び。
仲間のマシンが仕上がり初イベントデビュー?



地味なセダンですが、やはりハードトップとかよりも日常感にあふれる形はやはりセダンでしょう。
ワタシ的には、初代マークⅡはこんなシーンが似合うと思っていて…


ともに綺麗な個体です。
マークⅡは初代がいいなあ。先に挙げたハードトップ以外にもバンやピックアップなどさまざまな車体形状があった初代。
いつかピックアップも手に入れたいなあ~

と、この先「ところざわ」の報告続きます~

テーマ:日記 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.