永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201307<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201309
酷暑のタイヤ交換
ワタシが住んでいるエリアはとんでもなく暑い夏を迎えております。
夏は暑いんだからしかたがないの~、と言われても今回入手したマシンの冷房が作動しないのでほんと大変。
渋滞路にハマると、汗で減量できるんじゃないの、というくらいの暑さを体感できます。
じゃあ乗らなきゃいいじゃん、という正論はもっともではございますが、そこはまあオカシなワタシですから、その日も渋滞路の中、一軒のタイヤ屋さんへ向かっていました。もちろん目的はタイヤ交換です。

お店に着くとさっそくジャッキアップ。
IMGP0001-1_2013082323485598e.jpg
おっと、我がマシンが~。綺麗に見えますが、どうなんでしょうね。

タイヤ屋の主人は、手回しでホイールを止めているボルトを緩めてホイールを外す。
タイヤをチェンジャーにセットして手早くタイヤを外し、年季の入った機器にホイールをセット。
IMGP0002_convert_20130822002348.jpg
ホイールに歪みが出ていないかをチェックして、サビを落とし磨く。
タイヤを装着して、また回してみてバランスがちゃんと取れているかを確認。
ホイールを車両に装着、手回しでボルトをきっかり締め上げて出来上がりを×4回。
酷暑で大汗をかかせてしまいました。

「ちょっと走ってみな」
近くの有料道路を法定速度+αで走行してみると、なんともバランスよく回っている感覚。
イイですね~。
タイヤなんて嵌まってればなんでもいいじゃん、という方には必要のないお店かもしれません。でも、自分のマシンでバーストしたことがあるワタシは、タイヤはやっぱりバランスよ、とようやく気が付いたのです。

ここの主人はタイヤについては超拘り人。普段は○○○キロで走るようなマシンのタイヤを絶妙なセッティングに仕上げることをしているのでワタシとはまず出会うことはない縁だったんですが、ワタシの友人を介してたまたま知り合うことができました。
いままではコーヒーをご馳走になるだけで商売にはならない客以下の存在だったんですが、10年近く通ってようやく気が付いて、タイヤ交換をお願いすることができました。

走っててブレるとか安定しないとか気になる方は一度お店を訪ねてみてください。
値段は正直高いけど、それ以上の価値はあると思います。お店の名前は、「京葉サービス」です。

今回のタイヤ。
IMGP0004_convert_20130822002430.jpg
165/80R13という、小さくてほっそいタイヤ。もっと細いタイヤが新車時の指定タイヤなんですが、それだとサイズ的に見つからないのでこれでもやや太い。

IMGP0006_convert_20130822002504.jpg
ホイールキャップが良いね。これは、整備してくれたエンスージアストの仲間のおかげで見つけたもの。

9月には長距離を走るので、どんな走りを体感させてくれるのか今から楽しみです。



スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

気になる劇用車‥
ワタシが好きなテレビ番組の一つに「太陽にほえろ!」があります。
なぜ好きかは、以前経緯について書いたような気がするので、省きますが、放映終了後30年近くを数えるというのに今でも拘っております。
ワタシのカーライフは「太陽にほえろ!」抜きには語れない、そんな感じです。

ワタシのささやかな夢、劇用車として「太陽」画面上で活躍したクルマたちに乗ってみたい、という敵わぬ夢物語を一つ一つクリアしていくことなのですが、活躍していたクルマがイマイチ人気車種でもない場合には、その存在自体が残っていないことがあります。

たとえばコレ↓
8684338_1940508924_178large.jpg
「太陽」に出演?した初代のコロナマークⅡです。正確には初代の2回目のマイナーチェンジ版、いわゆる後期のイーグルマスクといわれているマークⅡです。
このクルマ、新車販売時は月販2万台を数えたこともあったようですが、それから40年が経ちどれくらい残っているのだろう…
知り合いには、最初期のセダンを所有している方がいますが、イーグルマスクのセダンタイプなど、残っていないだろうなあ。

それが、ひょんなことから見つけちゃったんです。
そうなると、押さえられない「太陽」熱に浮かれて、入手しちゃいました

流行りの車高短に改造されたそのクルマは見る人が見ればナイスな改造なのでしょうが、ワタシはノーマル派なのでいかんともしがたい。
う~ん、としていたところ、最初期のセダンを持っている方が改善してくれることに。
この方、知る人ぞ知るエンスージアスト。雑誌とかネットにはあまり出てこないですが、すんごい作業をさらっとやってしまうプライベーターです。
と、横文字ばかりでなんだかワタシ自身もよく分かりませんが、ノーマルの車高に戻しエンジンも絶好調にしてくれました。

感謝感激!ありがたいことです。


さて、肝心のマシンの画像は…

それは追々アップしていきましょうか~


テーマ:日記 - ジャンル:日記

エコ?エゴ?
さてさて、シレッと更新してみます(笑)

ちょっと前ですが、某社の廃なんとかのCM。
よくよく見てみると、いろいろ旧いクルマが写っております。



20・40・50・60、20・40、15・20、40、17?、おっともう一台60と。
いろいろ配置されています。

現行車は、さまざまな技術革新で、とってもエコなのだとか。
しかし、旧いクルマは現行車に比べると、縮尺の違うミニカーを置いたみたいに妙にコンパクト。
道路幅が大幅に変わったわけではないので、道路に占める占有率が現行車のほうが高いのでは?
狭い日本にとって、それはエゴ?

う~ん。新車は大事だよ~。でも経済が成長しないと人間は幸せになれないの?
クルマ業界に籍を置かないワタシなど、妄言を吐いてしまいます~

テーマ:日記 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.