永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201107<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201109
営業所開設?
なかなか並ぶところがなかったんですが。
加工した画像がかなり怪しげ…
y1.jpg
ワタシは法人・個人タクシーを比べると、法人の派手な外装色が魅力に見えるんですが、我が家のは、いわゆる「黒タク」
あまり面白くないですね~
でも、有料道路を流していると、某交通取り締まり車と勘違いしたのかすっ~と車間が空いたりします(苦笑)

個人タクシー、最近ではいろんな車種のが走っていますが、やはりオーソドックスなセダンタイプがベスト。
y2.jpg


このステッカー、だれに向けてのもの?
y3.jpg
もちろん運転してる自分に対してだよね~(><)

こんな光景もそろそろ解消しよう。
もう少し堅実に生きないとなあ。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

電力不足
今年の夏は、いままで体験したことのない夏でした。
とにかく暑い。職場は、節電節電で頭がぼっ~と。
まあ、頭がぼっ~とは元々でしょうがないんですけど。

しかし、あの震災のもろもろの被害を被った方から比べれば、なんでもないことなんです。
夏もあと少し、なんとか乗り切ろう。

そんな中、我が家のスープラも電力不足に。
s1.jpg

電力不足はおっかない原因ではないので、速やかに復旧が可能。
s2.jpg
発電機がヤレてるようです。25年も経ってるんだから、仕方がない。

そんなことよりも、あの惨事を早く終息させてほしい。
惨事を未来につなげるために、尽力してきたんじゃないでしょう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

なんだか解決
チバテレで放映している「太陽にほえろ!」
我が家では、アナログ放送でしか観れなかったのですが、先月地デジ切り替え後、どうやら観れるようになりました。
なぜかは?なんですが、まあよかった、よかった~

DSCN3846_convert_20110801221813.jpg

地デジ、綺麗だね~。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

盲点
昨年夏から我が家に来た、ハイゼット。
今年の夏は車検の季節。継続しようとボチボチ整備をおこなって、いざ車検場へ。

そこで、検査官から「シートベルトの警告灯が点いていないよ」との指摘が。
ワタシは「平成8年の古い車だからなんたらかんたら」と言ってみたのですが、平成5年式から警告灯があるんだとか。

う~ん、ドジです。
ただ、ハイゼットの警告灯交換は簡単。あっという間に終了です。DSCN3816_convert_20110801221616.jpg

まあ、なんとか車検が受かりましたので、また走り出そう~。
DSCN3840.jpg

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

放映開始39年目の衝撃
早いもので8月、ワタシにも少年時代があったころは8月というと妙な高揚感があった気がするのですが、ここんところの節電ムード満載な世の中(関東圏のみ?)ではただ暑いなあ…、という位の感想な今日この頃。

さて、このところ「太陽にほえろ!」ネタですが、今回もその辺の話を。

先月、某所にて「太陽のほえろ!」のプロデューサー岡田晋吉氏のトークショーが放映開始39年の時を経て実現。
そこは、熱いこだわりをもった者たちの熱い気持ちが結実した空間でした。
「岡田晋吉ってだれ?」って方には、ウィキってもらえばよいとして、
といっても、ワタシ自身ずっと晋吉さんを「しんきち」さんと呼んでいましたが、「ひろきち」さんだったことが判明…。
本人にお会いした際に、間違えて呼ばなくてヨカッタ~
画像は以前ご出演したDVDから。
DSC_0006.jpg
放映当時は働き盛りであった岡田プロデューサーも、かなりのお年になったようですが、トークショーでは意気軒昂。
当時の秘話もいろいろ飛び出して楽しいひとときでした。
トークショー当日はかなりの猛暑だったのですが、ダンディな出で立ちで登場です。
暑くても背広を着込んでいた「太陽」の刑事のように、誇りをいつまでもお持ちです。
見習わないとなあ~。
3.jpg
マイクを握っている方は、「太陽にほえろ!」を観てそれに出たいと俳優になられた加山到さん。
本日は司会者として活躍されました。
残念ながら、俳優として活躍した頃には、「太陽」は沈んでしまったとか…。
もし、刑事役として登場していたら…
加山さんなんで「若大将刑事」、ってベタかあ~

以前、竹中直人さんがやっているラジオ番組に高橋克実さんがゲストで出てトークの中で、「太陽にほえろ!」の話となり、竹中さんはゲスト出演されているというくだりで、高橋さんは刑事役でデビューしたかったそう。
愛称は?との問いに、当時天然パーマヘアーだったようで「天パ刑事」と言われたかったようです。
って、どうでもよい話になってしまった。

加山さん、最近では新垣結衣さん主演のテレビドラマの第1話で新垣さんが転職するきっかけとなる出来事を紹介する大事なキーパーソンとして出演されていました。
次回は、刑事ドラマとかの出演なんてないのでしょうか。

岡田さん単独での登場の後、次は
Untitled2.jpg

マイクを握っているのは、脚本家の大川俊道さん。あの「クライムハンター」の!っていう方は通。
どこかの総裁だったっけ?っていう方は、ウィキってくださいね~。
ハードなアクションモノをお書きになっているので、ご本人はそれ相応なハードなイメージでしたが、それは勝手な思い込みでした。
プロの脚本家としての第一歩が「太陽にほえろ!」である大川さん、当時の脚本の想い出、自身が関わったアクションの裏話とかいろいろお話いただきました。

そのお隣が、「太陽」を見て育ち自主映画制作を経て脚本家として活躍している河田秀二さん。
ワタシは失礼ながらまったく存じあげなかったのですが、関西圏ではかなりマニアックな活躍をされていたようで…。
最近は、なかなか本業は難しいようですが、「太陽」イズムの継承者として活躍の場を広げてほしいです。
ワタシも高校時代8ミリ映画に凝り、友達と映画のまねごとをつくろうとしましたが、映画フィルムって高いのよね。結局完成することなく今ではフィルムの切れはしがどこかに転がっているはず~。

予定していた時間を超過したのかしていないのか分からないまま、時間は過ぎゆきあっという間にエンディングへ。
「太陽にほえろ!」のプロデューサーにお会いできるなんて、なんてすばらしいことでしょうか。
放送終了から25年、まだまだ熱い出会いがあった7月でした。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.