永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
200806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200808
ひさ~しぶりのツーリング
昨年の暑い時期に、オートバイの車検を通したことがありました。
苦労して車検を取ったのに、それから一度も乗らず…。

今回、これまた3年ぶりの仲間とツーリングに行くことになり、久しぶりに引っ張りしました。
暑い最中のせいなのか、それとも最近はオートバイに乗る人がすくないのか、はたまた平日だからなのか、道路は混んでいますがオートバイは数える程度。

久しぶりの乗車ですが、体は覚えていてすんなりなじむ。
気がつけば、乗り始めて15年目に突入。それぐらいの乗れば、なじむのが当然か

約束の時間に遅れる大失態をやらかしましたが、なんとかツーリングへ。
東北道鹿沼インターで降りて、そこからワインディングを日光方面へ。
霧降高原道路が無料開放になっていたのは知らなかった…。それだけ近郊のツーリングをしてなかったんだなあ、と感じました。
霧降高原、の名称ですが霧も出ず気持ちの良い高原道路。
久しぶり(ってしつこいなあ)のツーリングでアクセルも開け気味ですが、どうもステップがグラグラと。
降りて調べると、ボルトが緩んで皮一枚状態でなんとかステップが付いている。危なく落っことすところでした。ちゃんと整備しないとなあ。

2008_0728_112317-DSCN2474_convert_20080729193726.jpg

一緒に写っているのが、仲間のオートバイ。ホンダCB1000、これ、あまり見なくなったんですが、ホンダBig-1プロジェクトの元祖みたいなもの。
新車で買ってこちらも15年目。大事にそして静かにグレードアップしてます。
ちなみにうちのは2年落ちの中古を買ってます。当時お金がなかった(って今もないですが…)んで中古車でしたが、いいタマだったのか致命的な故障はなく、今は8万キロ走破。自分では7万キロ乗ってます。10万キロは最低乗りたいなあと思っているのですが、この分だと乗り手が先にへたるかな?

霧降高原道路を抜けると、観光牧場がありそこでジンギスカン定食(1300円)を食す。
2008_0728_121446-DSCN2479_convert_20080729193819.jpg

肉厚でうまかったです。ここでは、平日にもかかわらず、結構オートバイが入れ替わり立ち替わり入ってきました。よく考えると夏休み期間ですが、学生さんというよりも社会人系が多い。
オートバイも乗り手の高齢化が進んでいるのでしょうか?

そこから、いくつかの峠を経由して、塩原温泉の露天風呂へ。
無料のようですが、一応志しとして、示された金額をチャリーンと支払いザブン。
二つ湯船がありますが、熱くて入れないのはパス。冬の時期はちょうどいいかも。
わりかしこじんまりした湯船に入り、汗を流す。意外に底が深いので小さい子は溺れるかも。
と、プチ温泉情報でした。
2008_0728_150515-DSCN2481_convert_20080729193852.jpg
あっ、ちなみにここの温泉は外から丸見えなので、注意して入ったほうが良いかもです。

そこから、また峠越えをして、下界へ戻ります。
明らかに暑さが違う。高原は涼しい、とカラダで実感。
さて、高速に乗ろうとガソリンスタンドを探している時に、痛恨のガス欠!
このオートバイ、緊急用のガソリンが供給できるようスイッチで切り替えられるのですがそこが壊れている。その状態でずっーときていたのですが、いままでなんとかなってきたので直さなかったんですね。
しようがなく、仲間にガソリンスタンドを探してきてもらい、わりかし近くにスタンドがあるのを発見してもらってなんとかそこまでいこうと燃料タンクを振りつつも、今度はバッテリーが上がってしまった。
これもわりかし、前からある症状ですが抜本的な対策を打ってこなかったツケが…。
しかたがないので、必殺「押しがけ」ふっ~。
なんとか、スタンドまでたどり着き満タンへ。そこの敷地内でも押しがけでかけて、高速のパーキングまでたどり着く。

2008_0728_183928-DSCN2484_convert_20080729194131.jpg
やはり平日のせいか、オートバイは我々だけ。
仲間とはそこで別れ、しばし睡眠をとる。前の晩は遅かったので、眠かったんです。
そこのパーキングには
2008_0728_183848-DSCN2482_convert_20080729194101.jpg
瀟洒な宿泊施設が。もちろん、そんなところには泊まらず、その辺のベンチでゴロ寝。はたから見ると、かわいそうな人にみえただろうか。

久しぶりのツーリングは、適度に疲れましたがそれ以上に気持ち的に楽しかった。
また行こう。
今度は気候の良い秋かな?
スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

ようやくエンジン始動
以前入手していた、トヨタコロナマークⅡのハードトップ。

先日友人たちをわがウサギ小屋に招いて、その場でマークⅡの修理をしてもらいました。
プラグ・ポイント交換し、タイミングを調整しつつ、キャブクリーナーをかけると、何事もなかったかのようにエンジン始動。
2008_0713_200110-DSCN2392_convert_20080718220328.jpg

2008_0722_173050-DSCN2452_convert_20080725071831.jpg

2008_0713_192720-DSCN2389_convert_20080718220451.jpg


昔、始動しようとしてエンジンがかからなかったのは、火花が飛んでいなかったためと判明。
まったく、旧車いじりに不適当なオーナー丸出しです。

仲間のおかげで、また一台復活への道が!
2008_0704_190233-DSCN2350_convert_20080718220705.jpg

2008_0722_172926-DSCN2449_convert_20080725071925.jpg


マークⅡ以外にも2台整備をしてもらいました。大変助かる~。
でも、自分でいじれないのに何台も持っているのがなんだか申し訳ないなあ…

今後ますます減車への途を歩み自分でいじれる範囲でやっていかなきゃ、と感じた暑い夏の盛りでした。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

プジョー306の軽い補修 ★欧州車もまだ持っていたのね…
以前オペルアストラを手放したのはいつのことだったか…。

しかし、我が家には欧州車がまだありました。
フランスの車屋さん、プジョーが日本で成功したモデル、306です。いまや308も出てすっかりマイナーな存在かと思いきやまだまだ走ってます。

5ナンバーで取り回しがしやすく、ヨーロッパの道路で鍛え上げられた足回りはワタシのようなヘナチョコドライバーでもその気にさせてくれます。
エンジンは2リッターのツインカムでない普通のものですが、それが速い速い!その上ガソリン満タンだと600キロ無給油で走れるという燃費の良さ。
車検が切れて久しいのですが、どうもまだ処分しきれない理由がそんなところにあるような…。

でも、今年こそはなんとかせねばと、前々から気になっているマフラーの排気漏れの修理に着手。
音はセンターパイプのあたりから出ていて、まずはジャッキアップ。
306ちゃん、ジャッキアップポイントがサイドシル部分以外にはないような…。なので、片側ずつ上げていきます。
2008_0704_150709-DSCN2341_convert_20080711232233.jpg

リアタイヤと車体の接続方法というんですか?ワタシにはまったく新しい接続方法で戸惑うばかり。平成に入ってからのクルマは我が家では306ちゃんだけでした。
2008_0704_150723-DSCN2342_convert_20080711232346.jpg

なんとか、前後も上げてウマをかませます。じゃないと、下敷きになってご臨終になっちゃうからね。
良い子はみんなかませてね!

さて、センターのマフラーパイプの接続部分がサビで穴あき。ここからモリモリ排気ガスが漏れているのでお約束のマフラーパテを盛り盛り。
2008_0704_161515-DSCN2344_convert_20080711232535.jpg

その上から、アルミ板を丸めたものをネジ止めして穴塞ぎ。う~ん静かになった。
2008_0704_150732-DSCN2343_convert_20080711232422.jpg


エンドあたりについているサイレンサーの付け根も穴が開いていたのでそちらも補修。
それより、ちょっと驚いたのはリア下部にぶら下がっているスペアタイヤの固定方法。
太い針金というか鉄筋をタイヤサイズに籠のように作ってその上にスペアを載せているのですが、車体との接続は、ただ引っ掛けているのみ。
確かにスペアの重みで外れることはないんでしょうが(現にまだスペアが普通に載ってマス)このあたりの合理性にフランス人のエスプリを感じました(ってなに言ってるんじゃ~あ)
以前持ってたフランス車はタイヤを止めるナットが3か所しかなくて「へっ」と思ったことがあったなあ。
う~ん、デリシャス!

2008_0704_165011-DSCN2345_convert_20080711232616.jpg


リアタイヤを外そうとしたんですが、なぜか外れん…。
錆びついてるのかあ、と思ったらとりあえず外す理由を失ったので作業は終了。

自分でクルマいじりをする場合には、あんまり難しく考えずにダメだったら「次行ってみよ~」という余裕が大事ですねえ。

車検取得はいつの日になるか…。

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

ゆる~くクルマいじり
さて、整備というほどでもないですが、先日クラウンカスタムをちょこっといじりましたので、それの報告です。

このクルマ、ファッションというか見た目重視というかハンドルを社外の物に変えていました。が、ノーマルよりも径が小さい。
このクルマはパワステなんてのは付いていません。そのため、ちょっと太いタイヤを履いていると取り回しが大変になってしまうのに、今更ながら気がつきました。
まあ、運動していないので体力が落ちた、ということなんですけどね。
そんなわけで、ノーマルに変更。

CA390030_convert_20080618220442.jpg


あっさりとボスが外れました。ノーマルに交換すると、いままでの苦労がウソのようにスムーズに切り返しが出来るように。よかった~。

それともうひとつ。ホイールは鉄なんですが、あまりに汚いとクジラ仲間たちに言われてしまいました。
なので、見た目重視ということで、ホイルリングをセットアップ!
中古だったんですが、状態が良いものを比較的安価で譲ってもらったので装着感バッチリ。

CA390031_convert_20080618220505.jpg


次はなにやろうかな?
そうだ、やりかけのまま止まっているオーディオ修理しなければ!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.