永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
200805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200807
仲間たちとの集い~初夏編~
さて、どうにかこうにか車検取得までこぎつけたクラウンカスタムですが、そこまでしたのには理由が…。

といってもたいしたことではないんですけど

ワタシはクジラクラウンといわれているクラウンを愛好する者たちの会に属しておりまして、その会が年一回全国的にミーティングを一泊で行っているのです。
その会の参加に間に合わせるために2年ほど寝ていたクルマの車検を取ったのでした。

さて、集合場所に馳せ参じると、いつもの仲間たちが
CA390025_convert_20080618220552.jpg

クルマの性格よろしくまった~りと。
エンジン等ファインチューンを施している方もいますが、基本的には紳士のクルマらしく爆走などもってのほか。平和な光景です。
CA390026_convert_20080618220353.jpg


ウチのクルマ、こんなガゾウが小さくてもタイヤがキレイにみえないなあ…。
その後あまりの汚さに見かねた仲間にキレイにしてもらったのですが、まさに新車履きのタイヤに変身(タイヤだけ)

仲間はイイネ

我が家のクルマは、特に調子を崩すことなく往復の高速道路を快調にクルーズ。
しかし、ヒーターが効かないんだよね。冬がくる前に(ふきのとう?)といっても大分ありますが、直せねば!
スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

家庭菜園?
どうも~

車検取得したクラウンカスタムでいろいろ動いたのですが、なんと画像がうまく縮小できず…。

なので、まえにアップしてあった画像をつかってちょっと記事を書きマース。


ウチの猫の額くらいの庭に季節外れのイチゴがなりました。
20080522逕サ蜒・003_convert_20080601200547

といってもコチラで植えたんじゃなくて気がついたら育っていた状況。
鳥の糞にでも種子が入っていたのかな?

季節外れといっても本来はこの時期なのかも?
春先に出回るのはハウス物だしね。
これからは本格的に栽培するか!

そのためにはますますの減車が必要だなあ…。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

クラウンカスタムの車検取得への道、いきなり完結編
さて、いきなりの完結編。

どうゆうことかといいますと、あいもかわらず不完全なまま車検取得のため車検場に向かったのでした。
天候は台風が近づいて雨が降っているというあまりよろしくない状況。
でも、不完全整備車にとっては、路面が濡れていると車体底部の余計なシミを指摘されないという不埒なメリットも!
良い子はマネしないでね。
というか、いまは車検を受けるのも予約が必要なので雨天は別に狙っていったわけではないんですけどね。
車検場は、ガラガラ。
20080603逕サ蜒・002_convert_20080605001057


車検用の書類を購入するため駐車スペースにいれると、いきなり事務のおねえーさんから「何年式ですかあ~」との質問が。こちらも不意だったので、そっけなく答える。
すると「これって車検受かるんですか~あ」そう言われちゃうと、受かんないようにみえるかな…。

昨年2月に車検が切れて、そのまま2年分自動車税の請求がこなくなり、今回車検取得のために2年分の税金をドーンと支払い。車検代実費よりもかかる。しかし、3ナンバーの大排気量車を持ってると思えば全然負担にならない?
コースに並ぶことなく、すぐに係員による目視へ。「懐かしいの乗ってるなあ」と麿赤児似の係員さん。
しかし、「エンジン油漏れで指摘しとくねえ、あとでスチーム洗車してもう一度見せて」っていわれてしまう。たしかに汚いけど、初めての指摘に少し戸惑い気味の午後でした。

気を取り直して、車検ラインへ。
20080603逕サ蜒・004_convert_20080605001219

前に並んでいる、日本から撤退しちゃってパーツ供給は大丈夫なのかよ英国車がライトで不合格しているのを見て、今車でも落ちてるんだからこちらは何回でも受けてやるわいなどと気持ちをラクにしてみました。
なんの役にもたたないけど。
サイドスリップは合格、次のスピード・ブレーキは余裕のOK。
しかし、ライトは左右ダメ、そしてなんと排ガス検査が×。排ガスは2年近く放っておいてキャブが腐ったか~、とここで少し焦りが。
次の下回り検査は、マフラー補修がうまくいったせいか合格。

とりあえず、ライト調整だ、と車検場の片隅でイジイジ。
20080603逕サ蜒・001_convert_20080605001012

かなり適当に調整してみます。キャブは、クリーナーを吹き込んでフカしてOKとしました。
エンジンの汚れはウエスで拭き拭きしてなんとか見れるくらいになったかな。
再度コースへ。

ライトは右がOKがでて、排ガスはどうやらある程度旧いクルマ用には切り替えスイッチがありそこを押してみな、の係員さんのやさし~いアナウンスに無事合格。
残るは左ライトのみ。
また、適当に調整すると、こんどは前より上向きになってしまった、と。
指示したとおり直してないね~と苦笑の係員さん。う~ん、マズイ。
この時点で雨はドシャ降り、ワタシ以外にはフィアット500、通称ルパンフィアットが再検しているだけと完全にこの2台がお客さん状態。
そうなると、チマチマ素人いじりだと多大な迷惑をかけてしまうので、初めてテスター屋さんに飛び込む。専門のテスターで光量調整、しめて3000円也。
まあ仕方が無いけど、そこのテスター屋さんはバイクの車検の時に光量を測ってくれて車検に受かるレベルじゃないよと教えてくれ、調整してないからとお金を取らなかったところ。
その分も含めてと思えば安い…か?

車検コースに戻り、あっけなく合格!
よかった、よかった~。
20080603逕サ蜒・005_convert_20080605001311

車検取得はいつもながら疲れるなあ。

久しぶりのカスタムの運転はパワステがないので腕がパンパン状態。
細いタイヤに変えたい~


テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

クラウンカスタムの車検取得への道1
ネタがあるので、連続して記事掲載です。

2年以上検切れで放置していたクラウンカスタムですが、ここにきてようやく車検をとろうかと動き出しました。その理由のひとつが、クジラクラウンセダンの車検切れ。セダンと交代で車検を取ろうかと考えたのでした。
セダンのキャブが不調でアイドリングが落ち着くまで安定しないのと、タイロッド関係がガタガタでまっすぐ走るのも不安になってきたので、ここはじっくり車検を切って直そうかと…。
しかし、気をつけないとただの放置車になってしまうなあ。

さて、カスタムの方。
ジャッキアップしてブレーキをサックリとみます。前側はパッド残充分。前回の車検時に新品交換してたんです。
リアはドラムなので、蓋をあけてカップの状態を確認。漏れもなく(あったら即交換!)ブレーキダストで汚れていたのはクリーナーで洗浄。まあ、いいでしょ。
20080531逕サ蜒・003_convert_20080601014452

ドラムは塗装が剥げてポンコツ状態。
20080531逕サ蜒・005_convert_20080601201551

なので、シャーシブラックでざっと塗装。とりあえず、常時目に触れるとこじゃないけどなんとなく自己満足。
20080531逕サ蜒・006_convert_20080601201626

マフラーは、以前エンド部分が駄目になり、形状は一緒だけどパイプのとり回しが違うバン用を整備工場で切ってもらって溶接でつないだところから排気漏れ。
最近は、針金併用で漏れ塞ぎはダメになってしまったので、ちゃんと塞がないとヤバイ。
なので、前にダットサントラックのマフラー修理に使用したGMなんとかってのを再度使用。
20080531逕サ蜒・004_convert_20080601201311


塞いだ状態の画像を撮ってませんが、まあなんとかなるでしょ。

2年以上土の上に置きっぱなしだったので下回りが結構サビサビ。なので、気休めにシャーシブラックを塗布。しかし、雨天時に作業したので乾きが悪い。またやろ~っと。

最後に、デフからオイルがポタリポタリと漏れているので、本来なら漏れ止め剤やシール交換なのでしょうが結合部分の増し締めのみ。新しいデフオイルを入れて様子を見ましょう。
20080531逕サ蜒・007_convert_20080601201659

デフオイルをシリンジを使って圧送中、なんとオイル缶を倒してしまってツナギにかかってしまった!
気分的にドヨーンとしてしまう。
いつかリフトを設置してラクラク整備をしたいなあ…。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

スープラ ファンの風量修理
このところ、ご無沙汰ですが(といつもの書き出し…)

足車として活躍しているスープラですが、不調箇所がいくつかありその中のひとつとして、エアコンなどのファンの風量調整がLo部分が効かなくなるというのがありました。
風量が全開か全閉しかないというのはなんだか悲しい。

スープラのホームページを作成している方の記事を拝読するとわりかし簡単な部品交換で直る、ようなのでさっそく千の付く名前の都道府県にある部品共販へ。
部品がいわゆる専用部品なので、納期までに2~3週間かかるといわれました。そんなにかかるのかあ、でも車齢20年超えてるから仕方が無いかと思いつつそんなにかかるなら部品が10%引きで購入できる頭に東がつく都道府県にある部品屋さんに頼むことに。
そうしたら、翌日にはすぐ入る!と。まあ、事情があるんでしょうが1ユーザーとして頼むよりも部品商からのほうが早いのかなあ?
この部品屋さんでは、30年近く前の部品も当たり前のように納品されたので今度からはココだな。

そんなわけで部品、新品と旧品。そうそう名称はヒータブロアレジスタ、というもの。レジスタってモノを買うときにピコピコ打つアレじゃなくて、レジスタンスとかの意味かな?抵抗って事でしょうか?
20080531逕サ蜒・001_convert_20080601201234


グローブボックス下部のカバーを外すとこの部品が車体側にねじ止めされています。コネクタにつながれていてスイッチが入るとこのコイルに電気が通るようだ。なので、手に触れないように奥に収納されています。
DSCN2246_convert_20080517004947.jpg

画像だと左より上部に四角い穴が見えるかな?そこに入っています。
さっそく取り付けると、風量がちゃんと制御されて弱・中・強となりました。
でも、Loの風量が強となってしまう?なぜだろ。
前オーナーから聞いた話では、修理に出した際に風量パネル脱着でミスったんでは?とのこと。
そうなるとパネルを交換しないとヤバイかなあ。

でも、とりあえず直ったのでしばらくこのままでいこうっと。

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.