永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
ひそかに復活~
我が家のRT61、
実は2015年12月に車検切れになってから、一時抹消しておりました。
その間なんとな~く保管していたのですが、今春車検&登録を行いました。
なぜ?
なんとな~くです

一応整備も行いました。
燃料フィルタ交換も。
CA390977_convert_20170507114723.jpg

さて、仮ナンバーを借用して陸運局へ。

ラインを通して、無事登録OK。
CA390851.jpg

CA390853.jpg

これから、活躍してくださいね~
P4100054.jpg
既にキャップが1枚飛んでますが…
ちゃんと回収できたので、安心です。
って、何回飛ばしてるんだろう


スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

トヨペットコロナマークⅡ初代セダンミーティング(笑)
ここのところ暑い日が続きますが、みなさま体調はいかがですか?
冷房のかけ過ぎに注意~

昨今の状況、世の中どうなるのか凡人のワタシには皆目分かりませんが、こんなダラダラブログが続けられなくなる日が来るんでしょうか?
競技場問題など急に持ちだしてきて、なんだかなあ
と、批判めいたことを書くとおとりつぶしに合うので(苦笑)本題にいきましょう~

さて、ちょっと前にトヨペットコロナマークⅡの初代セダンのみが集まるミーティングありましたので、参加してきました。




といっても三台のみですが

以前にも説明したかもしれませんが、初代コロナマークⅡはセダン型がRT6♯系の型式となり、1968年より1972年まで生産されました。詳しくはウィキなんとかを参照いただければわかると思いますが、なぜか今回登場の中・後期のマシンがそのウィキなんとかに登場。画像協力してないのにね~(苦笑)


我々初代コロナマークⅡオーナーたちの間では、先に紹介したように、初・中・後期と3タイプあることを認識しています。
といっても、初~というくくりはメーカーでの正式な呼び方ではないようなのですが、まあこういったマシンを所有している方も稀だと思いますので、メーカー非公認でも大丈夫でしょう。


ざっと、それら3タイプの違いを説明していきましょう。

前から見た画像をご覧ください。一番右側=初期、真ん中=中期、左側=後期です。
全てフロントグリルが違いますね。ちょっとわかりずらいですが、後期のボンネット形状が違います。

次は後ろ側


P5170015-1.jpg
P5170016-1.jpg
P5170017-1.jpg

まあ、観ての通りです。
上から、初・中・後期ですね。
ランプ形状が全て違います。また、後期のバンパーがやや下に下がり厚みも違いますね~
ナンバー位置も後期は最下部に来てます。


次はピラー飾り形状です



P5170021_convert_20150712055234.jpg
P5170020_convert_20150712055201.jpg
P5170019_convert_20150712055115.jpg

ここは、前期のみ形が違いますね~

最後はフェンダーについているバッチです。


P5170022_convert_20150712055314.jpg
P5170023_convert_20150712055337.jpg
P5170024_convert_20150712055401.jpg

これも、前期のみ形状違い、当初は、コロナがあってこのマシンだよって主張なんでしょうか?

初代コロナマークⅡに関心のない方には、なんのこっちゃの説明でしたが、ようするにこんな細かい意匠違いを展開してトヨタは買う人へアピールし続けたということですね。
初期はエンジンが1600でしたが中期より1700にアップしたりしてますが、基本は同じもの。
それらをいかに古びさせないように工夫していった先人の努力に感心します。
イイ時代でしたね。

今回のミーティング、2回目はあるのか??
その際には、バン・ピックアップ・ハードトップの参加お持ちしてます!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

社外品!?
さて、おかげさまで最近調子の良いマークⅡ。
イベント参加時にはホイルキャップを付けて悦に入っております。



せっかく入手したキャップですが、先日遠路ドライブの帰りにあやうく行方不明になる事件がおきました!
道路改良が必要な上下1車線ずつの隘路を走行した時です。
ほどなくやや上り坂のトンネルに入ったところ、路面に窪みがあったようで、左前のタイヤがボコッと入った瞬間「カラ~ン」という音とともに(暑い日でしたので窓を開けていました)キャップが転がる音が!
後続車がすぐに続いていたので、その場に停まることも出来ず、脇道があったら逸れるかと探しながら走行していたのですがそういった時に限ってトンネル&洞門が長く1キロ位走行してしまいました。
なんとかUターンしてトンネル内の外れたらしい現場まで戻ったのですが、そこに至るまでに考えたのが後続車がすぐ後ろに迫っていたので踏まれたのでは?という後悔の念が…
後続車が踏んだような音がしなくても、その後に通ったクルマに踏まれたのに違いない、あ~あ、という感じでした。

が、現場に戻ってみると、なんとキャップがトンネル内壁面に立て掛けるようにして置いてありました。
もちろん凹みもありません。
ホイールから外れて回転したままそのままに壁に寄っかかって止まったようです。
多くの人たちの善意のおかげで奇跡的に集結したホイルキャップ、そのおかげか強固な結びつきのもと、そうそう行方不明にはならないようです~


まあ、今回は無事見つかったけど、次回外れたら見つかる保証はなにもないので、それ以降は外してますケド。
そこで、じっくりとキャップを見てみます。
爪の張り出しが弱いようなモノは、ペンチで挟んで張りが強くなるよう折り曲げます。
そんな作業をした際に確認したのは、すべて当時物の社外品キャップだということ。
メーカーは
PA130003_convert_20141022000707.jpg

ちょっとピンボケですがパシフィック、という刻印が見えます。ブランド名なのでしょうか?
当時のトヨタのマークを模したものも刻印されていますね。
ぱっと見、純正部品のような仕上がりです。

しかし他のキャップを見てみると‥
PA130005_convert_20141022000806.jpg

トヨタマークの刻印が弱いなあ。
同じブランドのようですが、やはり社外品の品質管理のばらつきがあるのかな?
それで、外れたのか~
とはいえ、40年以上も前の状況をあげつらうのはフェアじゃないですね。

キャップたちを今後も末永く使用するためにワタシにできること、

走行中にはキャップを嵌めない
それが最善でしょう~

2014.11.24追記
識者の方より、トヨタの刻印入りということは純正品ということだよ、とお話をいただきました。
トヨタの、ひいては日本の自動車産業の繁栄を足元から支えた功労者だったんですね。
当方の認識不足によりパシフィック関係者の皆様にご迷惑をおかけいたしました。
参考に現在の会社ホームページを載せておきますココ

テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんどは大丈夫~
ウォポン不良で休車状態が続いていたマークⅡ。
あまりのグウタラな状態を見かねた仲間(いつもお世話になってる方です)がサクッとウォポンを組んでくれました。
ほんと頭が上がりません…

3カ月近く不動だったマシンがついに復活です!



何回クーラント入れ替えたんだろう~

ロアホースも新品、ホースバンドをゴムにやさしいタイプに変更して漏れもなく安心。
P8130008_convert_20140910013025.jpg

さて、走り出しますか!



直らず~
以前交換したラジエーターホースですが、それで水漏れが治ったと思ったら、また漏れ漏れ~
ウォーターポンプ本体から漏れているようで、エンジン回転中は、なんだかゴロゴロ異音がします

そういうわけで、ウォポンを外しましょう~
なんだか慣れたので、サクッとバラシ中。

P6260004_convert_20140725191646.jpg

こういってはなんですが、たかがウォポン外しのために、グリルを外し、エアコンのコンデンサーをずらし、ラジエーターを外し、と結構な作業。
これもみんなスペースがないからだあ~と叫びたい衝動ですが、まあそこは押さえてと。

P6260007_convert_20140725191824.jpg

ウォポン本体とホース。

ホースは、締めこんだバンドのせいか、亀裂が発生…
P6260006_convert_20140725191742.jpg

今後は某サイトで推奨していた、刻みがゴムのあたり面にないものを使用するつもりです。
しかしここ以外のところから水漏れしていたのを目視してましたので、本体が不良か。
本体は、結構なクーラント汚れで激しく漏ったようです。

P6260014_convert_20140725191915.jpg
エンジンにもクーラント汚れが付着。

さて、なんとかウォポン本体は購入することができたのですが、問題はプーリーとファンカップリングが新品を用意できないということ。
プーリーとファンカップリングは、圧入でウォポン本体へ装着されており、安易に流用できず‥。
前に交換したクジラクラウンの時には、ナット&ボルトでそれらが繋いでおり簡単に入替できたのですが。

さて、どうしたもんかなあ~


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.