永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
MCショーへ行ってきた
もうすぐ7月というのに、いまさら3月の報告です

東京ビッグサイトで開催されたモーターサイクルショーへ行ってきました。
季節は春なのですが、冷たい雨がそぼる中、もちろんオートバイで~
CA390970.jpg

隣のオートバイは、テントなんでしょうか?

さて、気になったマシンをば。
CA390961_convert_20170625001450.jpg
最近ツアラーも良いかと考え、その道では有名なBMWも良いかと思いましたが、価格がね~。
250万位だったかな?

CA390959_convert_20170625001429.jpg
このマシンはなんだったか?
片持ちのリヤホイールはワタシ世代には、ホンダのVFRのプロアームを思い出します。
って、このマシンはなんだった?

CA390962_convert_20170625001539.jpg
スズキのブイストームのニーハン版です。フル装備ですが、エンジンパワーは負けない位あるのでしょうか。
維持しやすい排気量ですけどね。

CA390964_convert_20170625001608.jpg
ついに生産終了がアナウンスされたホンダモンキー。
レジャーバイクとしては最高のマシンですが、日本という国では難しかったんでしょうね。
30キロ規制とかヘルメット着用義務とか、50㏄の文化を根絶やしにした功罪は、もっと議論されてもよいかと思いますが。
って、難しく考えても仕方がないか‥。

CA390969_convert_20170625001632.jpg
これは、BMWのニーハンじゃなかった、310㏄モデル。
BMWも出すのか‥。前にドカティとか400㏄モデルを出していましたが。
若年層がオートバイに乗らない昨今、どれだけ需要があるのでしょうか。ブランドイメージで売れるのかな?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

油圧クラッチOH
さて、地味修理~

今回は油圧の抜けたクラッチ機構の修理です。



まずはカバーを外します。

そうすると
P1300048_convert_20170225224846.jpg

この部品がクラッチ板を押すんですね~
ここに組み込んであるゴム製品を交換しないとダメなんですが、エンジンからうまく外れない~

P1300040_convert_20170225224537.jpg

こうやって落っこちちゃって、うまく外れないんですが、知恵の輪状態でなんとか分離できました。

P1300043_convert_20170225224620.jpg
クラッチ用のフルードの澱というか固まってますね~
分離してみましょう。
P1300045_convert_20170225224704.jpg

P1300046_convert_20170225224748.jpg

シール機能が終わってましたね~

P1300047_convert_20170225224814.jpg

中も汚れてますのでキレイキレイにして…
組み込んだら、フルードを満たしてエア抜き。

無事治りました。

さっそく走行して試してみると、ウォポンからの異音が消えてきた。
クラッチも無事切れるようになり、こちらも安心。

さて、ツーリングに行きますかね~




テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

とりあえずパーツを入手
年末のクーラントお漏らしから、ようやくパーツを入手。
中古ですが。
状態がよさそうなので、そのまま使ってみることに。


ダメなら、再度中身を入れ替えて使う予定です。

ギヤを外して確認しましたが、大丈夫そうに見えますが??
P1220010_convert_20170122232240.jpg

とりあえず組み込んでみると、水漏れは止まりました。
が、エンジンをかけると、ギヤ鳴きが止まらない…。
ダメかなこりゃ~。
まあ、もう一回ばらす前に油圧クラッチを直して走行してみてからの判断だな。

なかなかうまくいきません。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

ウォポン交換したが…
さて、車検を無事に取得したんですが、水漏れが発生したオートバイ。

いろいろなネット情報をもとに(ありがとうございます)交換部品を発注し、いざ交換作業へ。

CA390947_convert_20170102135824.jpg

まずはクーラントを抜きます。

ポンプ本体が組み込まれているカバーを取り外します。
CA390948_convert_20170102135843.jpg
ギアで駆動されているフィンが見えます。

CA390951_convert_20170102135933.jpg
裏側はこんな感じ。黄色いギアが…

CA390950_convert_20170102135910.jpg
エンジン本体の右下のギアと連携しています。

CA390954_convert_20170102140006.jpg

CA390955_convert_20170102140042.jpg
劣化したシールを抜きます。ボロボロでした。

フィンの内側で受けていたゴムパーツ。
CA390956_convert_20170102140117.jpg
左側がはまっていたもの、右側は新品ですが本体に打ち込む際に欠損してしまいました‥
そこをゴム補修剤で直しましたが…
強引にツーリングを敢行したのですが、

どうも治らず…。
CA390958_convert_20170102140146.jpg
ツーリング先での漏れ漏れです。

CA390959_convert_20170102140207.jpg

されにツーリングでは、油圧クラッチが切れなくなってしまい、フルード漏れが発生しているのを発見。
永い間寝ていたオートバイはいろいろ見なけりゃダメだな…。



テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

車検合格! だが…
さて、先月11月に取得予定だったVmaxの車検ですが、先日ようやく行ってきました。
もちろんユーザー車検で~

腐りかけのガソリンが入っていたせいか、排ガスはなんともいえず腐臭がしますが、そこはハイオクを奢って意味もなく走り回って少しは良くなったかなというタイミングで車検場へ。

年式が旧いので、排ガス検査は無く、行ったのは
1.外観検査
2.前後ブレーキの効き具合、スピードメーター40㌔検査
3.ヘッドライト光軸検査
のシンプルさ。

一番の鬼門は、3.の光軸検査ですが、まあなんとかなるさと検査コースへ。

すると…
あっけなく合格です!
5年ぶりに公道復帰です~





なんとなく、カッコつけて画像を撮ったりしてふとマフラーを見ると、クーラントの滴りが!
ありゃ~ウォーターポンプから水漏れだよ~ん。

なかなか一筋縄ではいきませんなあ(T_T)

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.