FC2ブログ
永遠のクルマ好きが展開するヘンな世界
ここでは、ワタシが所有しているクルマ・オートバイのメンテやツーリングなどの状況を記録するため、つらつらと書いていきたいと思っています。同好の方々から情報をもらえればうれしいかなあ、とも考えています。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
思いがけないところで‥
すったもんだの末、ようやく開場した豊洲市場。
にぎわい作りのベースとなるはずだった、温浴施設ができるまでのつなぎにぽっかり空いたスペースで、旧い型式のマシンやカスタムしたクルマのイベントが開かれました。
毎回お会世話になっている仲間がエントリーしている事もあったので、盛夏がぶり返したのにもかかわらず、行ってきました。



ゆりかもめのスペースから撮影すると…おや?気になるマシンが写っています。
さっそく入場料1000円を支払って中へ。

DSC_0016_convert_20190917235906.jpg
これは!
千葉にあるレトロぶーぶ館に併設されている消防自動車博物館に一時期展示されていたマシンでは!
紹介しているブログがありますが、気になっていたマシンでした。
そもそも、このマシンの存在を知ったのが、某ネットオークションにいまから3年くらい前に出品されていたこと。
クジラクラウン救急車ということでとても興味があったのですが、どなたかが落札したようで、その後消息不明に。
しかし、消防自動車博物館に展示されていることを知り、落ち着くところへ落ち着いたんだなあ、と安心していました。
が、その後今年になってまたまた某ネットオークションに出品され、落札されたのかどうかわからないまま終了したのです。

まさか、こういったイベントで会うことができるとは…
カスタムしたマシンが集う会なので、この車両も車高が落とされています。
DSC_0019_convert_20190918000008.jpg

DSC_0080_convert_20190918000100.jpg
現役時代?の担架が見えますね。

DSC_0094_convert_20190918000414.jpg
東京のデーラーが販売したのか?

DSC_0092_convert_20190918000330.jpg
末端のマフラーは、純正と異なる形。腕の立つ整備屋さんがマフラー製作をしたのでしょうか?暑い中でしたが床に寝転んでちゃんと確認すればよかった。

この後、このマシンはどうなるのでしょう。大切にしてもらえれば嬉しいのですが。
救急車ということでかなりキワモノですから、このままのフォルムで残っていってくれることを切望します!

おまけ

DSC_0097_convert_20190918000526.jpg
「運転手さん、あの黒いセダンを追ってください!」

DSC_0098_convert_20190918000601.jpg
キィキィキィ~

車窓からの風景は、なんだかドラマチックに見えてしまいます~
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

ディスクブレーキのシール交換&パッド交換
あいかわらず更新の遅いブログですが…
車の不調はどんな時も来てしまうわけで、今回はそんな不調を直すことを取り上げます。

走るたんびに右後ろから異音がするなあ~、と後輪を外してみたら、2枚装備されているブレーキパッドの片方がスッカスカ。
ディスクブレーキのピストンが固着して、戻りが悪くなっていたのでした。
こりゃ…、ということでクルマをウマに載せます。

ブレーキキャリパーがボルトで固定されているのでシール交換のため本体から外します。
あっ、このマシンは、後輪もディスクブレーキを採用しています。ドラムブレーキに比べ、構造はシンプルでオーバーホールしやすいですね、ワタシにとっては。ブレーキフルードが流出しないようにブレーキホースにストッパーをかましてます、オレンジ色のパーツがそうです。通常のブレーキラインとABS用のライン二箇所です。
どうやら、ABSの機構に空気が入ってしまうと、それを追い出すのにやっかいのようだ、とネット検索で知ったので、その対策です。

マスタシリンダの左側に見える銀色のハコみたいのがABSのユニットです。画像に撮ってませんが、ブレーキフルードが無くならないよう対策をして、ブレーキホースをこの後切り離します。

まずはキャリパーを本体から外します。この固定ボルトの締め付けがほんと固い。一度も取り外したことはないんじゃないかな。履歴では、某デーラーで毎回点検&車検を受けてる様子がありますが、ある程度走行距離を重ねないとシール交換しないのかな?

取り外したブレーキパッドです。左から新品、装着品、新品、装着品です。よくぞここまでというくらいパッドが減ってます。

ブレーキパッドを押す役割のピストンが対抗でひょっこり顔を出してます。これを外すのに手で引っ張っても出てこないので、コンプレッサーのエアを吹き込んで外します。「ポンッ」と音がしてポロっと外れます。

段取りはしょりましたが、もうシール交換終了です。だって、一人で作業してると、汚れた手を拭いてカメラ構えてまた作業して…なんて面倒なんですね~
この後新品のブレーキパッドを装着して、ブレーキホースを付けてブレーキラインにフルードが満たされるようエンジンをかけてシコシコします。って、また画像が無いですが。
本来なら、あと三輪分もシール交換など行った方が良いのですが屋外の作業で暑さ&雨が降ってくる最悪のコンディションになってしまったので、今回は断念。もう少しマシな気候になったら行いましょう。
なお、今回の作業は自家用車という事で素人のワタシが作業してますが、整備資格の無い方が他人のマシンをイジることはNGですよ。それと、ブレーキは大事な機構なので、少しでも不安があったらプロにお任せした方が良いです。クルマは走らないより、止まらない方が一大事ですからー
ではこの辺で、次回をお楽しみに~
フィルムカメラ
なんだかんだと、もう暦は7月。
早いですね~
って、書いてるほどあせっていないのですが…。
なんだかなんでもかんでもだらしなくなってきて、どうも更新が滞っています。

今回は、友人から譲っていただいたハーフサイズのフィルムカメラにようやくフィルムをいれて撮影していた、って話しです。

ハーフサイズ、って分かるかな?通常の35ミリサイズの半分=ハーフってことで、
たとえば36枚撮りのフィルムだったら72枚撮れるよって規格です。
数を撮影したければ、デジカメとか携帯電話とかでイイじゃんなんですが、
フィルム独特の質感がいまのデジタル時代には妙に懐かしい。
まあ、能書きはそのくらいにして、撮影したものを見てもらいます。
フィルムで撮影したものを現像し、CD-Rにしてデジタル処理してもらったので、
正確にはフィルムの質感がそのままというわけではないですが…



たまたま通りかかった旧い車を撮影。初めてにしては、うまく流し撮りできました。
シャッターを押しこむチカラが若干いるのですが、そのあたりを改善して日常撮影に使っていきたいな。

今の時代、旧い車に乗ることやフィルムカメラを使うなんて、傍から見れば無駄な行為なんでしょうが、
ワタシはこんな生活がしっくりきます。

そういった風潮を許さない世の中にヒタヒタとなっていったら、ヤダな。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

お城
サクラ咲く季節に観光で大阪に行ってきました。

最近のカメラは上手く写りますねー
平日だったのですが、観光名所の大阪城は人ヒトでいっぱいでした。

最寄り駅からトコトコ歩きます。クルマが通らないので、のんびりと行けます。

途中、蒸気機関車の動輪が飾っていました。この地にゆかりがあるのかな?ちゃんと調べればよかった。

大阪城がある場所は敷地が広くて、川に面していました。上田正樹さんの歌「悲しい色やねん」の歌詞に、川はいくつもこの街流れ~と大阪の様子を歌ってるのを思い出します。

P4120016.jpg
商魂たくましく、こんな門のまえにもお店が乱立。いろいろあるんでしょうね…

P4120015.jpg
お堀には散った桜の花びらを食べている?鳥が。なんという鳥でしょうか。

P4120019.jpg
天守閣に向かう途中から、ずいぶん登ってきました。

P4120022.jpg

P4120027.jpg
いよいよ入場料を払って天守閣へ。それにしても入場待ちの列も多く、広場に人が多く既に疲れています~

P4120025.jpg
館内の展示物は撮影禁止なので、登り切ったところから見えた景色を。大阪といえば通天閣~

一度は訪れたかった場所でしたが、人の多さに辟易~



個人的タクシー終了の巻
気が付いたら季節はもう5月。5月も半ばでもう夏はすぐそこ。
早いですね。
そんなこんななある日、一つの別れがありました。
このブログでは、ここ最近消息不明だったタクシー上がりのマシン。
ウチでは個人的タクシーとして長らく運用していたのですが、LPG車特有のガスボンベ更新問題に直面し、ついに処分することとなりました‥。
幸い、Y31のエンスージアストがマシンを保存してくれることになり、その地へ最後のドライブとなりました。

画像では綺麗に写ってますが、もっと磨いておけば良かった…
保管場所までそんなに時間もかからないドライブだったのですが、道を間違えてしまいお待たせしてしまいました。
平常心じゃなかったのかも…。

保管場所の秘密基地には既に他のY31が。いったい何台になるんでしょう、これからは。
10年以上我が家で活躍したマシン、いままでありがとうございます!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.